タマチカのホームページ

多摩の知覚なヒトたちの会


タマチカとは?
知覚に関する研究発表や読み会をする会です.中央大学文学部山口研究室にて,月1〜2回程度の頻度で開かれています.当初は参加者の殆どが多摩地区在住だったので,多摩の知覚なヒトたちの会(略してタマチカ)という名前になったようです.多摩在住の方でなくても参加可能ですので,ご興味のある方はぜひご参加下さい.


【2017年度第1回】

日 時:2017年11月2日(木)15:00〜18:00
場 所: 駿河台記念館670号室
講 師: Olivier Pascalis 先生
(グルノーブル・アルプ大学 神経認知・心理学研究室教

タイトル:On the Linkage between Face Processing, Language Processing, and Narrowing during Development

要 旨: From the beginning of life, face and language processing are crucial for establishing social communication. Studies on the development of face and language processing systems have yielded interesting similarities such as the observation of perceptual narrowing occurring across both domains. This article reviews several functions of human communication, and then describes how the tools used to accomplish those functions are modified by perceptual narrowing, concluding that narrowing is a characteristic common to all forms of social communication. We argue that during evolution, social communication has engaged different perceptual and cognitive systems--face, facial expression, gesture, vocalization, sound, and oral language--which have emerged at different times. These systems are interactive and linked to some extent. Narrowing can in this framework be viewed as a mechanism for infants to adapt to their native social group.







過去の開催
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
・2002年度
・2001年度
・2000年度