タマチカのホームページ

多摩の知覚なヒトたちの会


タマチカとは?
知覚に関する研究発表や読み会をする会です.中央大学文学部山口研究室にて,月1〜2回程度の頻度で開かれています.当初は参加者の殆どが多摩地区在住だったので,多摩の知覚なヒトたちの会(略してタマチカ)という名前になったようです.多摩在住の方でなくても参加可能ですので,ご興味のある方はぜひご参加下さい.


【2019年度第1回】

日時:2019年 6月3日(月)16:00〜17:30
場所:中央大学多摩キャンパス3号館9階3913号室

講演:「The origins of body representations in perception and action in human infancy」

講師:Andrew Bremner 先生(バーミンガム大学 准教授)

要旨:We still know relatively little about how human infants and children come to perceive their own bodies and the relationship between external events and the body. In the first part of this talk I will report on recent findings from my lab pertaining to how infants and young children come to be able to process the multisensory relationships which specify their own bodies and an embodied environment. I will focus particularly on the representation of touch on the body surface in external space, as well the layout of the body in external space. I will then go on to describe another programme of research investigating the development of an ability to tailor movements of the body to achieve specific goals in external space. These latter studies demonstrate developmental trajectories in human infancy whereby the movements subserving purposeful actions become more specialised.




過去の開催
2019年度
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
・2002年度
・2001年度
・2000年度