タマチカのホームページ

多摩の知覚なヒトたちの会


タマチカとは?
知覚に関する研究発表や読み会をする会です.中央大学文学部山口研究室にて,月1〜2回程度の頻度で開かれています.当初は参加者の殆どが多摩地区在住だったので,多摩の知覚なヒトたちの会(略してタマチカ)という名前になったようです.多摩在住の方でなくても参加可能ですので,ご興味のある方はぜひご参加下さい.


【2017年度第3回】

日時:2018年 3月16日(金)15:30〜17:30
場所:中央大学駿河台記念館 670号室

講演1:「情動と音韻の視聴覚統合プロセスは独立か」
講師:山本 寿子 先生(東京女子大学大学院 特任研究員)

要旨:他者の情動を判断する際の手がかりに,情動音声と表情があげられる。音韻知覚では,音声に加え,唇の動きも手がかりとなる。このように,情動判断と音韻知覚は,いずれも聴覚情報と視覚情報を統合することによって成り立つという共通点を持つ。先行研究では,日本人が情動判断と音韻知覚のいずれにおいても,他の文化と比べて聴覚情報に重きを置くことが明らかになっている。そこで,情動判断と音韻知覚の間の視聴覚統合プロセスは共通であるのか,あるいは独立であるのかを明らかにするため,(1)日本・オランダの成人を対象とした知覚実験結果に見られる相関,(2)日本の5歳から12歳の子どもを対象とした発達パターンの比較,(3)視聴覚統合プロセスの相互干渉,の3つの側面から検討を行った。

講演2:「自由の価値に関する脳機能イメージング研究」
講師:藤原 寿理 先生(福島県立医科大学 システム神経科学講座・助教)

要旨:ヒトは日常生活で多くの選択を行っている。その際多くの選択肢の中から選ぶ権利がある場合は、そうでない場合に比べて選択行動自体の価値が高くなることが知られている。本研究では「選択肢の数」=「自由度」と定義し、自由度が増えるに従って選択時に活動が強まる脳領域をfMRIを用いて検討した。結果、自由度に対する価値は報酬関連領域である線条体で表現されていることが明らかになった。本研究ではさらに選択前後での商品価値の違いにも着目し解析を行った。これまでに自ら選んで手にした物の価値が選択前に比べて高くなることが知られていたが、一方で選択肢の数が多いと選択行動自体に負荷がかかることも知られていた。本研究の結果、選択肢増加に伴う自由度および選択負荷が再評価へ与える影響のバランスは、腹外側前頭前野領域で調節されていることが示された。本研究により、我々が日々直面する選択に伴って生じる複雑な価値のアップデートを司る神経基盤が初めて明らかにされた。



過去の開催
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
・2002年度
・2001年度
・2000年度