赤ちゃんの脳の発達検査

   目から入った情報を認識するとき,赤ちゃんの脳はどのような働きをしているのでしょうか? 太陽に手をかざすと、指のあいだの肉が薄くなっているところが赤く見えますが、これは太陽光線に含まれる光の中でも,赤い光は体を通り抜けやすい性質をもっているからです. 本研究室では,体を通り抜けやすいという赤い光の性質を利用して,安全に脳の活動を計測することができる装置,「光トポグラフィ*1」を使って赤ちゃんの脳の働きを調べています.
*1) この装置は日立メディコ(株)により開発されたもので,すでに他の多くの大学や病院でも用いられています.装置の安全性についてはこちらをご参照下さい.



*装置の仕組み*
 この装置では,光ファイバーを通して赤ちゃんの頭に光*2をあてて,脳から反射される光の量を計測します.この光の量の変化から,赤ちゃんの脳の働きを調べます.光ファイバーはやわらかいシリコンパッドでおおわれ,赤ちゃんのお肌にもやさしい作りになっています.
*2) この装置では,近赤外光という光を用います.近赤外光は赤外線の一種で,暖房器具などに利用されている遠赤外光よりも,目に見える光に近い領域の光を指します. 検査装置からでる光の量はごくわずかで,体への影響はなく安全です.



*当日行うこと*
 (1) 赤ちゃんの頭に,シリコンパッドにおおわれた光ファイバーを配置します.
 (2) シリコンパッドがずれないように,赤ちゃんに伸縮性のある帽子を被ってもらいます.
 (3) 帽子を装着したところで,いつもの視力検査と同じように*3,パソコンのモニターに出てくる映像を赤ちゃんに観察してもらい,観察中の赤ちゃんの脳の働きを記録します*4
*3) 視力検査とは異なり,この検査では担当者に赤ちゃんを抱かせていただきます.
*4) ご両親が中止をご希望された場合,いつでも中止します.


*時間*
 視力検査の際と同じで,検査時間は10分〜15分程度で移動を含めて全部で30分程となります.


*お礼について*
 検査に来ていただく毎に,2,000円分の図書券をお渡しさせていただきます.検査の結果はその都度郵送いたします.



★この検査は心理学の研究を目的としたもので,医学的なものではありません.
★検査の結果は研究以外の目的で使用されることはありません。また、公表に際しては匿名性を保持いたします。
★検査の参加は自由です.検査をやめたいときにはいつでもお断りしていただけます.

 


E-mailまたは,留守電・Faxでご連絡先をお伝えください.折り返し,検査の詳細についてご連絡差し上げます。




中央大学文学部心理学研究室
山口真美(教授)


大塚由美子(大学院博士後期課程/日本学術振興会)
白井述(大学院博士後期課程/日本学術振興会)
岡村洋実(大学院博士前期課程)
小沼裕子(大学院博士前期課程)