TOP PAGE 自己紹介 メールを送る 研究内容
教育内容(学部) 学部ゼミの紹介 教育内容(大学院)
フィクションのチカラ
(ブログ)
エッセイ・報告 サッカーとW杯


研究内容


中央大学・宇佐美毅研究室

 → 「中央大学教員情報データベース」記載事項へ
 → 「J-GLOBAL研究者(詳細情報)」記載事項へ

【研究テーマ】

@ 現代文化としてのテレビドラマ研究(2010年〜)
 主として日本のテレビドラマ番組と視聴状況を、フィクション研究の対象として考察しています。この研究の主な成果は、私の著書『テレビドラマを学問する』(中央大学出版部、2012年)にまとめられています。

A 現代文学の小説史的研究(2005年〜)
 村上春樹をはじめとする現代文学を歴史的観点から考察し、明治期以降の日本の小説史に位置づける研究をしています。子の研究の主な成果は、私の編著『村上春樹と一九八〇年代』『村上春樹と一九九〇年代』(おうふう、2008年・2012年)にまとめられています。

B 近代文学成立期の小説表現研究(1990年〜)
 1880年代は日本の文学の表現が大きく変化する時期にあたります。坪内逍遙、二葉亭四迷、嵯峨の屋おむろ、広津柳浪、樋口一葉らを通して、特に小説の表現面の変化を歴史的に考察しています。この研究の主な成果は、私の著書『小説表現としての近代』(おうふう、2004年)にまとめられています。


 ※最近の発表論文
    テレビドラマ学際的分析の試み―『家政婦のミタ』を例に―
        
『中央大学文学部紀要』通巻259号(2016年3月)
         ※林明子、ヒラリア・ゴスマンと共著

    村上春樹における〈ことば〉と〈他者〉―『ノルウェイの森』と『ねじまき鳥クロニクル』―
        『国語と国文学』通巻259号(2015年10月)
    テレビドラマのアメリカ・韓国・日本
        『れにくさ』第5号(2014年3月)
    家族の物語/家族の戯画 『女学生の友』
        『柳美里1991−2001』(原仁司編、翰林書房、2011年2月)
    国語教科書における異性装
        
『文学』岩波書店(2010年7・8月号)

【著書】

『小説表現としての近代』(単著、おうふう、2004年12月)

 日本の近代文学、特に小説表現が持つ方向性を論じた著書で、これまでの研究の集大成となるものです。日本の近代文学が成立する明治初期から中期にかけて重要な役割を果たした翻訳小説・坪内逍遙・二葉亭四迷・広津柳浪・石橋忍月・樋口一葉らの小説表現を詳細に検討し、そこにさまざまな異なる試みがなされていながらも、一方で大きな方向性が見出されることを考察しています。
(→著書目次

『新日本古典文学大系明治編21硯友社文学集』(共著、岩波書店、2005年1月)

 日本の古典文学に詳細な注釈を付すことによって、今日の読者の便宜をはかるシリーズの一冊です。その中で明治期の文学を取り上げた新シリーズの一冊において、広津柳浪『黒蜥蜴』『浅瀬の波』川上眉山『うらおもて』『ふところ日記』の四作品に注釈を付し、あわせて、解説論文「硯友社の内なる外部」を執筆・掲載しています。
(→
新日本古典文学大系について

 『村上春樹と一九八〇年代』(共編著、おうふう、2008年11月)

 日本の現代文学の中でもっとも多くの読者を獲得している村上春樹作品ですが、勝手な言説が流れていることが多く、まだ本格的な研究が進んでいるとは言えません。そこで、村上春樹出発からの10年間の作品を対象とし、それこど80年代生まれの気鋭の研究者を含めた19人で徹底分析した本です。短編を含めた各作品の研究史も併録しています。
(→
『村上春樹と一九八〇年代』

 『村上春樹と一九九〇年代』(共編著、おうふう、2012年5月)

 前著『村上春樹と一九八〇年代』に続いて、村上春樹の1990年代の作品を19人で考察しました。村上春樹にとっての1990年代とは、阪神淡路大震災や地下鉄サリン事件といった、村上春樹の転機となる重要な事件の起こった時代でした。そのような時代背景の中で、村上春樹が何に取り組み、その作風がどのように変化していったのかを徹底分析しました。前著に続いて、短編を含めた各作品の研究史も併録しています。
(→
『村上春樹と一九九〇年代』

 『テレビドラマを学問する』(単著、中央大学出版部、2012年8月)

 テレビドラマはこれまで、小説・演劇・映画などに比べて、個々の作品が本格的な批評の対象になることはあまりありませんでした。しかし、テレビドラマには「通俗」「娯楽」にとどまらない、さまざまな可能性が含まれています。本書は、スポ根・必殺もの・学園ドラマから岡田惠和・野島伸司作品、さらには韓国ドラマの流行や『仁―JIN―』『家政婦のミタ』のヒットに至るまでを徹底的に分析。テレビドラマの歴史と現在、魅力と意義を解明したテレビドラマの総合的入門研究書です。
(→
『テレビドラマを学問する』

 『村上春樹と二十一世紀』(共編著、おうふう、2016年9月)

 前著『村上春樹と一九八〇年代』『村上春樹と一九九〇年代』に続いて、村上春樹の2000年以降の作品を18人で考察しました。村上春樹は、2000年以降世界的に評価され、諸外国の文学賞を次々に受賞していきました。現在も、小説だけではなく、翻訳、エッセイなど多方面で執筆を続けています。そのような世界的な作家となった村上春樹の最新の状況までを徹底分析しました。これまでの2冊同様、長編・短編を含めた各作品の研究史も併録しています。
(→
『村上春樹と二十一世紀』

【主な論文】

「『行人』論──〈免罪符〉としての告白」(『中央大学文学部紀要』142号、1992・ 2)
「漱石とロンドン/漱石と世界文学」(『国文学 解釈と鑑賞』1997・ 6)
「『刺青』と二つの英語訳」(学芸国語国文学』30号、1998・ 3)

「物語の〈部屋〉──『行人』と『こゝろ』をめぐって」(『文学のこゝろとことば』第2集、七月堂、2000・ 8)
 「これからの国語教科書」(中央大学文学部紀要』209号、2006・3)
 「『十三夜』(樋口一葉)心への暴力」(『ジェンダーで読む愛・性・家族』東京堂、2006・10)
 「〈語り手〉という思想」(『国語と国文学』83巻11号、2006・11)
 (→全発表論文等一覧

【学位】

 博士(文学)  (著書『小説表現としての近代』はこの博士論文をもとに出版しました)

[TOPに戻る]