ビッグデータ時代の産業・法令日本語情報処理の課題
10:15~10:30  開会挨拶  辻井 重男  
 実行委員長

 中央大学研究開発機構 機構教授
 
  
10:30~10:45  スピーチ  福原 紀彦  
 中央大学 学長
 
 
10:45~11:15  スピーチ  
ノンフィクション作家から見た日本語(仮題)

 
 

 吉岡 忍

 日本ペンクラブ専務理事
11:15~11:55  基調講演     
 多言語機械翻訳と2020オリンピック
 
  
 長尾 眞  
 京都大学名誉教授 元京都大学総長
 前国立国会図書館館長

 元独立行政法人情報通信研究機構理事長
 
11:55~12:25  スピーチ  
 多言語翻訳の動向-長尾賞を受賞して
 
  
 
 隅田 英一郎
 
 
 独立行政法人情報通信研究機構
 ユニバーサルコミュニケーション研究所
 多言語翻訳研究室 室長
 
12:25~13:15 休  憩  
13:15~17:00  パネル討論  
 ビッグデータ時代の産業・法令日本語情報処理の課題
 
 
 コーディネータ  片山 卓也  
 中央大学研究開発機構 機構教授

 前北陸先端科学技術大学院大学 学長
 
 
 


 パネリスト

 

 

 
 
 
 
 

 
  
 
 法令工学の立場から
  
  
 島津 明
 
 北陸先端科学技術大学院大学
 情報科学研究科 シニアプロフェッサー

 
 自然言語処理の立場から
  
  
 鍜治 伸裕
 
 東京大学生産技術研究所
 ソシオグローバル情報工学研究センター
 特任准教授
 

 日本語と手話の関係について
  
  

 鎌田 一雄

 宇都宮大学名誉教授
 
 特許情報処理の立場から
 
  

 横井 俊夫

 
 一般財団法人日本特許情報機構
 特許情報研究所 顧問
 

 デジタルフォレンジック(証拠の収集・分析・保全・開示システム)
 におけるデータ解析の立場から
 
  

 武田 秀樹

 執行役員 最高技術責任者
 行動情報科学研究所 所長

 構造化自然言語による情報検索の立場から

  

 山口 浩

 中央大学研究開発機構 機構教授

 

 コメンテータ

 

 藤原 静雄

 中央大学 法務研究科長  

 浅井 満知子

 株式会社エイアンドピープル代表取締役社長  
 
 趙 晋輝
 
 中央大学理工学部教授