日本金融学会2003年度春季大会プログラム

「創立60周年記念大会」

2003/06/01 現在》

各報告のタイトルをクリックすると、報告要旨が表示されます。
 (pdfファイル形式、閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要となります。)

第1日 5月31日(土)


1.自由論題 <10:00〜12:40>  (報告20分、コメント10分)

A会場 中央銀行パネル    第2報告者がご本人の事情により、交替されることになりました。

        座長       武蔵大学 吉田 暁 氏
(1) 日本銀行金融史(1990年以前)の回顧:今次金融緩和との対比
        報告者     桃山学院大学 一ノ瀬 篤 氏
(2) コミットメントが期待形成に与える効果:時間軸効果の実証的検討
        報告者     日本銀行 翁邦雄 氏
(3) デフレ対策と金融政策の課題
        報告者     中央大学 建部正義 氏
(1)、(2)、(3)共通
        討論者     拓殖大学 武田哲夫 氏
                             神戸大学 地主敏樹 氏

B会場 セッション:「国際金融T」

       座長       長崎大学 須齋正幸 氏
(1) 為替介入と先物プレミアムパズル
        報告者      早稲田大学大学院 佐藤綾野 氏

                             早稲田大学 秋 葉 弘 哉 氏
        討論者      経済産業研究所 植杉 威一郎 氏
(2) ユーロシステムの金融政策はユーロ経済にとって最適か
  −フィリップス曲線による検証−
        報告者     九州大学大学院 川野祐司 氏
        討論者     近畿大学 高屋定美 氏
(3) Key Elements of Private Infrastructure Financing in the Asia-Pacific Region
        報告者     長崎大学 政岡 豊 氏
        討論者           ボンタンLNGトレインH投資(株) 宮入宜人 氏
(4) 円安政策の有効性とアジア通貨制度への影響 −「第三の経済政策」:通貨政策の再考
        報告者     山形大学 徳永潤二 氏
        討論者      UFJ銀行 宿輪純一 氏

C会場 セッション:「銀行危機」

         座長      中央大学 堀内昭義 氏 
(1) 日本の不良債権処理に関する比較制度論的考察 −韓国の事例との比較−
        報告者     野村総合研究所 中井浩之 氏
        討論者     埼玉大学 伊藤 修 氏
(2) 信用格付と不良債権の規模
        報告者     九州大学 堀江康熙 氏
        討論者     東京国際大学 上林敬宗 氏
(3) 大口不良債権と「追い貸し」の分析
        報告者     埼玉大学 伊藤 修 氏
        討論者     日本銀行 熊倉修一 氏
(4) Japan’s Banking Crisis: Who has the Most to Lose?
        報告者     早稲田大学 宮島英昭 氏
                             Hebrew University of Jerusalem and University of Montreal Yishay Yafeh 氏
        討論者     名古屋大学 家森信善 氏

D会場 セッション:「金融市場」

       座長      小樽商科大学 大矢繁夫 氏
(1) 子供の有無と家計の資産選択:インターネット・アンケート調査をもとに
        報告者     医療科学研究所 山田聖子 氏
                             国立社会保障・人口問題研究所 金子能宏 氏
        討論者     金沢学院大学 奥井 めぐみ 氏
(2) アメリカ商業銀行による割賦返済方式の導入 −貸出の換金可能性と銀行流動性
        報告者     松山大学 掛下達郎 氏
        討論者     広島修道大学 守山昭男 氏
(3) 消費者金融と過剰債務問題:過剰債務はなぜ起きるのか?
        報告者     早稲田大学 晝間文彦 氏
        討論者     一橋大学 三隅隆司 氏
(4) 日本の新規公開株式における長期パフォーマンスの動向について
        報告者      北海道大学大学院 中村宙正 氏
        討論者     東京証券取引所 広田真人 氏

E会場 セッション:「ファイナンス」

       座長       横浜市立大学 随 清遠 氏
(1) 「CLS」が高度化させる金融市場 −決済制度、資金市場、通貨制度、金融機関の変貌
        報告者         UFJ銀行 宿輪純一 氏
        討論者            金融庁金融研究研修センター 杉浦宣彦 氏
(2) 米国における天候デリバティブ規制
        報告者        東京海上火災保険 吉澤卓哉 氏
        討論者        長崎大学 内田 滋 氏
(3) 証券化における信用リスクと倒産隔離
        報告者      横浜国立大学 高橋正彦 氏
        討論者      成城大学 福光 寛 氏
(4) On the Relationship between the Very Short Forward and Spot Interest Rates
        報告者            経済産業研究所 植杉威一郎 氏
                               California State University, Long Beach Guy M. Yamashiro 氏
        討論者         日本銀行金融研究所 白塚重典 氏

2.昼食 <12:40〜13:50>

3.創立60周年記念講演(1) <13:50〜14:50>

A会場    演題 Some Thoughts on Macroeconomic Policy in Japan(同時通訳付)
      講演者           米国連邦準備理事会理事 Ben Bernanke 氏

4.自由論題 <15:00〜17:00>  (報告20分、コメント10分)

B会場 セッション:「アジアの金融」

       座長       中央大学 首藤 恵 氏
(1) Roles of Regional Currency in Bond Markets in East Asia
        報告者      一橋大学 小川英治 氏
                             一橋大学大学院 清水順子 氏
        討論者     東京大学 伊藤隆敏 氏
(2) Asian Crisis and Investor Behavior in Thailand’s Equity Market
        報告者      龍谷大学 亀坂(村瀬)安紀子 氏
                             University of New South Wales Jianxin Wang 氏
        討論者      日本銀行 粕谷宗久 氏
(3) アジア・中南米諸国における通貨危機と株価連動
        報告者     高千穂大学 大野早苗 氏
        討論者     長崎大学 須齋正幸 氏

B会場 セッション:「金融政策T」

       座長        神戸大学 地主敏樹 氏
(1) イギリス大不況期(1873〜1896年)のデフレーション
        報告者             内閣府経済社会総合研究所 原田 泰 氏
                               内閣府経済社会総合研究所 中田一良 氏
        討論者            関西学院大学 寺地孝之 氏
(2) 名目短期金利ゼロの下限と金融政策 −金融緩和消極論への批判的検討−
        報告者        ドイツ証券 松岡幹裕 氏
        討論者       明治大学 北岡孝義 氏
(3) 資本コストの高止まりは経済をどの程度停滞させたか
        報告者              内閣府経済社会総合研究所 清水谷 諭 氏
                               東京大学大学院 寺井 晃 氏
        討論者        上智大学 竹田陽介 氏

D会場 セッション:「金融機関」

       座長       大阪大学 本多佑三 氏
(1) Adoption of New Technologies in Japanese Banking Industry
        報告者     フィオレ 宮本道子 氏
        討論者     日本大学 畠田 敬 氏
(2) 自己資本比率決定の銀行モデル
        報告者     東北大学 鴨池 治 氏
        討論者     早稲田大学 晝間文彦 氏
(3) どのような金融機関が積極的に情報開示するのか?−信用金庫の不良債権ディスクロージャーの実証分析−
        報告者     名古屋大学 家森信善 氏
        討論者     成城大学 村本 孜 氏

E会場 セッション:「国際金融U」

       座長       九州大学 岩田健治 氏
(1) 90年代の国際資金フローの理論的評価
        報告者     二松学舎大学 田端克至 氏
        討論者     上智大学 竹田陽介 氏
(2) 1930年代とブレトン・ウッズ体制下の国際資本移動
        報告者     佐賀大学 米倉 茂 氏
        討論者     神戸大学 藤田誠一 氏
(3) フラン危機とEU通貨統合 −「スネーク」とEMSの比較分析を通じて−
        報告者         横浜国立大学大学院 佐藤秀樹 氏
        討論者      国学院大学 紺井博則 氏

6.総会 A会場 <17:00〜17:30>

7.懇親会 <18:00〜20:00>

会場:如水会館2階『スターホール』
(参加費6,000円を申し受けます)

第2日 6月1日(日)


1.自由論題 <9:30〜12:10>  (報告20分、コメント10分)

A会場 国際金融パネル:「グローバリゼーションとコーポレート・ガバナンス 

                                     −米国、日本、東南アジのケースをもとにして−」
        座長       慶應義塾大学 白井 早由里 氏
(1) 米国のケース
        報告者     東京大学 神田秀樹 氏
(2) 日本のケース
        報告者           (前)アジア開発銀行研究所所長 吉冨 勝 氏
(3) タイを中心としたアジアのケース
        報告者     東京大学 末廣 昭 氏
(1)、(2)、(3)共通
        討論者     慶應義塾大学 池尾和人 氏
                             京都大学 小佐野 広 氏

B会場 セッション:「金融行政」

       座長        早稲田大学 大村敬一 氏
(1) 金融制度改革のあり方 −規制体系のサイクルから−
        報告者       安田女子短期大学 戸井 佳奈子 氏
        討論者      成城大学 福光 寛 氏
(2) 銀行の不良債権問題:自己資本比率規制の弊害と早期是正措置の形骸化
        報告者      東京国際大学 清水 誠 氏
        討論者      金融庁 木下信行 氏
(3) 米独の破綻処理制度とその運用
        報告者            金融庁金融研究研修センター 山村延郎 氏
                              立教大学大学院 松田 岳 氏
        討論者        獨協大学 斉藤美彦 氏
(4) 日本における国債管理政策の誤り
        報告者      上智大学 竹田陽介 氏
                              ニッセイ基礎研究所 矢嶋康次 氏
        討論者            財務省財務総合政策研究所 土居丈朗 氏

C会場 セッション:「金融政策U」

       座長       神戸大学 宮尾龍蔵 氏
(1) 期待(予想)チャネルを考慮した金融政策運営方法に関する考察
        報告者       学習院大学大学院 岩城裕子 氏
        討論者           上智大学 竹田陽介 氏
(2) 金融政策の波及チャネルとしての為替レート
        報告者     イェール大学 浜田宏一 氏
                             東京大学大学院 飯田泰之 氏
                             東京大学大学院 寺井 晃 氏
        討論者     神戸大学 宮尾龍蔵 氏
(3) The Monetary Transmission Mechanism under Bank Capital Crunch
        報告者     東京大学大学院 豊福建太 氏
        討論者     慶応義塾大学 櫻川昌哉 氏
(4) Is the Lending Channel of Monetary Policy Important in Australia?
        報告者           オーストラリア国立大学 鈴木智也 氏
        討論者     愛知大学 打田委千弘 氏

D会場 セッション:「企業金融」

        座長       慶應義塾大学 辻 幸民 氏
(1) 資本市場の対外開放と企業金融 −中国上海、深圳B株企業の実証分析−
        報告者     三菱総合研究所 永野 護 氏
        討論者     神戸商科大学 野間敏克 氏
(2) アジア危機とコーポレート・ガバナンス
        報告者     一橋大学 花崎正晴 氏
                             一橋大学大学院 劉 群 氏
        討論者     学習院大学 細野 薫 氏
(3) 債権者間の協調の失敗と大口債権者
        報告者     法政大学 武田浩一 氏
        討論者     一橋大学 小西 大 氏
(4) 韓国のベンチャー振興政策 −リアル・オプションによる分析−
        報告者        慶応義塾大学大学院 飯島高雄 氏
        討論者     国際協力銀行 広瀬純夫 氏
 

E会場 セッション:「地域金融」

       座長      大阪大学 筒井義郎 氏
(1) 悪化する収益環境下での地域金融機関の課題 −信用金庫を中心事例として−
        報告者            信金中央金庫総合研究所 澤山 弘 氏
        討論者      九州大学 堀江康煕 氏
(2) 金融機関の健全性と地域経済
        報告者            内閣府経済社会総合研究所 堀 雅博 氏
                              内閣府経済社会総合研究所 木滝秀彰 氏
        討論者       広島大学 千田 隆 氏
(3) 信用金庫のリテールマーケティング戦略と収益性
        報告者     東洋大学 宮村 健一郎 氏
                             東洋大学 住谷 宏 氏
        討論者     成城大学 村本 孜 氏
(4) パネル・データを用いた地域別預金の実証分析
        報告者     大阪大学 安孫子 勇一 氏
        討論者     横浜市立大学 松浦克己 氏

2.昼食 <12:10〜13:20>

3.創立60周年記念講演(2) <13:20〜14:20>

A会場 演題 「金融政策運営の課題」
        講演者            日本銀行総裁  福 井 俊 彦 氏
 

4.共通論題 <14:20〜16:30>

A会場 「デフレと金融市場」
      
討論者          中国国家外国為替管理局 王 雅范 氏 (紙上参加) 備考(1)参照
                  東京大学   伊藤隆敏 氏
                   中京大学 水 谷 研 治 氏
                   産業再生機構社長 斉 藤 惇 氏
        司会       慶應義塾大学  吉 野 直 行 氏

5.閉会挨拶 <16:30〜16:35>

大会準備委員長  一橋大学 清水啓典

 

備考(1):当初のプログラムで、第1日目午後に予定していた、元中国人民銀行副総裁・中国金融学会副会長 劉鴻儒氏の特別講演「中国金融資本市場改革と対外開放政策」、及び第2日目午後のパネル討論会への、中国国家為替管理局局長 王雅范氏の直接参加は、SARS問題の発生により中止のやむなきに至りました。ご理解のほどお願い申し上げます。

備考(2):報告概要は『金融学会会報』として印刷して配布したものをpdfファイル形式にして掲載しました。各報告のタイトルをクリックすると、報告要旨が表示されます。 (閲覧にはAdobe Acrobat Readerが必要となります。)


プログラム委員会

岩田健治(九州大学)          櫻川昌哉(慶應義塾大学)
地主敏樹(神戸大学)          随 清遠(横浜市立大学)
須齋正幸(長崎大学)          谷川寧彦(大阪大学)
辻 幸民(慶應義塾大学)       濱田康行(北海道大学)
春井久志(関西学院大学)     水谷研治(中京大学)
宮島英昭(早稲田大学)        家森信善(名古屋大学)
清水啓典(一橋大学)          小川英治(一橋大学)

一橋記念講堂(学術総合センター内)へのアクセス

案内図はこちら

住所

〒101-8439
東京都千代田区一ツ橋2丁目1番2
一橋記念講堂(学術総合センター内)

交通案内

  • 営団地下鉄東西線 竹橋駅1B出口より徒歩4分

  • 営団地下鉄半蔵門線・都営三田線・都営新宿線 神保町駅A8出口より徒歩3分

東京駅から・・・営団地下鉄大手町駅へ(徒歩約5分)。 大手町駅から営団地下鉄東西線で竹橋駅まで(約3分)。

羽田空港駅から・・・京浜急行線(都営浅草線直通)で三田駅まで(約28分)。三田駅で都営三田線に乗り換え、神保町駅下車(約10分)

注意事項:宿泊は各自ご予約願います。