Schedule

春学期

日程 内容 テーマ 担当者 提出物
4/10 本ゼミ1 Jagpal (2008), pp.5-7.
伊藤元重 (2003)、「不確実性とリスク」、『ミクロ経済学第2版』、日本評論社、第12章。

久保
4/14 サブゼミ1 共分散構造分析(1)
久保研究報告「マス・カスタマイゼーションとコミュニケーション・チャネル選択」
プロジェクト・ミーティング

久保
4/17 本ゼミ2 Jagpal (2008), pp.7-9.
ディベート(1)「プライベート・ブランドは製造業者にとって有効か?」
第1回公式呑み会
4/21 サブゼミ2 共分散構造分析(2)sem_1.xlstune_model.xls
ミーティング
共分散構造分析レポート(1)
4/24 本ゼミ3 ミーティング
4/28 サブゼミ3 共分散構造分析(3)
ミーティング
共分散構造分析レポート(2)
5/1 休講
5/5 子どもの日
5/8 本ゼミ4 Jagpal (2008)
プロジェクト・ミーティング
5/12 サブゼミ4 モデル構築(1)
ケース・メソッド(1)「スターバックス」
共分散構造分析レポート(3)
5/15 本ゼミ5 Jagpal (2008)
5/19 サブゼミ5 モデル構築(2)
ケース・メソッド(2)「富士フイルム」
5/22 本ゼミ6 Jagpal (2008)
5/26 サブゼミ6 合同ゼミリハーサル
ゲスト・スピーカーの講演:加藤拓氏(スターバックスコーヒージャパン株式会社)
5/28 合同ゼミ1 慶應義塾大学商学部小野晃典研究会と共催
5/29 本ゼミ7 久保不在(日本商業学会出席のため)
6/2 サブゼミ7 モデル構築(3)
プロジェクト・ミーティング
6/5 本ゼミ8 Jagpal (2008)
6/9 サブゼミ8 取引費用の経済学(1)
プロジェクト・ミーティング
6/12 本ゼミ9 Jagpal (2008)
ケース・メソッド(3)「ブックオフ・コーポーレーション」読み合わせ
6/16 サブゼミ9 取引費用の経済学(2)
KUBIC中間報告
プロジェクト・ミーティング
6/19 本ゼミ10 Jagpal (2008)
読書会:『「婚活」時代』
6/23 サブゼミ10 取引費用の経済学(3)
プロジェクト・ミーティング
6/26 本ゼミ11 Jagpal (2008)
ケース・メソッド(3)「ブックオフ・コーポーレーション」報告
6/30 サブゼミ11 研究プロジェクト中間報告
信頼性と妥当性
7/3 本ゼミ12 Jagpal (2008)
夏合宿報告
プロジェクト・ミーティング
第4回公式呑み会
7/7 サブゼミ12 業界分析発表
未定
7/10 本ゼミ13 Jagpal (2008)
夏合宿報告
7/14 サブゼミ13 夏合宿最終確認
前期反省会
後期サブゼミについて
 

  • 曜日

  •     本ゼミ:金曜4限/5限
        サブゼミ:火曜4限(5502)/5限(5611:PC実習)

  • 本ゼミ

  •     4限:英書購読
        テキスト:Jagpal, Sharan (2008), Fusion for Profit: How Marketing & Finance can Work Together to Create Value, New York, Oxford University Press.

        5限:ゼミ生自主企画

  • サブゼミ

  •     4限:マーケティング研究のツール(多変量解析と社会科学方法論)

        5限:ゼミ生自主企画

  • 基礎文献レポート

  •     『リサーチ・デザイン』、新制度派経済学

  • 公式呑み会

  •     毎月の最初の本ゼミの後に開催。