Papers

第2期生 研究成果

「消費者の動画サービス利用意図に関する研究」

堀大輔・門司親之・中薗友寛
関東10ゼミ討論会2007 エンターテイメント班提出論文。

「消費者の電子マネー利用メカニズムの実証研究」

秋本祐子・古橋尚也・浜岡洋太・今井俊彦・鈴木重考・谷澤渓介
関東10ゼミ討論会2007 IT・通信・メディア班提出論文。

「消費者の電子マネー利用メカニズムの実証研究」

秋本祐子・古橋尚也・浜岡洋太・今井俊彦・鈴木重考・谷澤渓介
SPSS研究奨励賞2008,最優秀賞受賞。

卒業論文

秋本祐子:「ブランド買収による上方伸張への態度形成メカニズム」

古橋尚也:
「スポーツ興行におけるファンの関係性継続意図構築メカニズム―Jリーグクラブのサポーターを対象に―」

堀大輔:「最寄品における期間限定製品への消費者の反応」

今井俊彦:「家庭用ゲームソフト産業における外部委託利用メカニズムの研究」

門司親之:「次世代ゲーム機のネットワーク外部性とイノベーションをめぐる消費者選好分析」

中薗友寛:「ソフトウェア産業における営業機能の外部委託」

鈴木重考:「インターネットバンキングと銀行取引をめぐる心理会計分析」

谷澤渓介:「広告再生における示唆的ブランド・ネームの有効性」 『日経広告研究所報』に掲載。


第1期生 研究成果

卒業論文

安部恵介:「携帯音楽プレーヤー産業の技術転換―イノベーションのジレンマと企業行動―」

萠出大輔:「コンビニエンス・ストア日販の規定要因分析―消費者欲求と財務指標、システム間の関係性―」

森田大英:「非計画購買規定要因の究明―服飾品の衝動買いから―」



<引用は自由ですが、論文の著作権は著者および久保知一研究室に帰属するものとします。文章・アイデアを引用する場合は、出典を明記して下さい>