« 2007年01月 | メイン | 2007年03月 »

2007年02月27日

2007年2月の新着資料

今月の新着資料はこちらです。現在の資料の所蔵状態の確認には、中央大学OPACシステム「CHOIS」をご活用下さい。

新着資料
【雑誌名、最新受入巻・号、請求記号】    ( アルファベット順、50音順 )

・American Journal of Sociology   Vol. 112 No.3
・American Sociological Review   Vol. 71 No.6 Z30 A30
・American Sociological Review   Vol. 72 No.1 Z30 A30
・International Sociology Vol. 22 No.1 Z30 I35
・Revue Francaise de Sociologie    47(4) Z30 R36
・Sociology Vol.     40 No. 6 Z30 S49

・Hestia & Clio 4 Z31 H8
・現代風俗学研究 第12号 Z38 G50
・社会学研究科紀要 第62号 Z36 K33
・社会学部紀要  第101号 Z36 K32
・社会学部紀要  第38巻 第1号 Z30 K3:3
・社会学論考  第27号 Z36 S67
・社会学論叢  No.157 Z36 S68
・社会志林  第53巻 第3号     Z36 S171
・調査時報  364号 Z36 C12 
・電機ジャーナル 202    Z54 D33
・電機ジャーナル 181    Z54 D33
・電機ジャーナル 180    Z54 D33
・電機総研リポート 286    Z54 D80
・電機総研リポート 285    Z54 D80
・電機総研リポート 284    Z54 D80
・電機連合NAVI    4 Z54 D80:1
・電機連合NAVI    5 Z54 D80:1
・東呉社会学報   No.20 Z36 T9:5
・統計数理研究所研究リポート   94  Z35 S25
・福祉社会学部論集  第25巻 第2号 Z36 F87:5
・立命館産業社会論集   第42巻 第1号 (通巻129号) Z36 R0:7
・流通経済大学社会学部論叢 第17巻 第1号(通巻33号) Z36 R190

新着図書
【書名、著者名、請求記号】    ( アルファベット順、50音順 )

・21st Century sociology 2vols.    Bryant, Clifotn D. M301 T97
・The Blackwell Encyclopedia of Sociology 11vols. Ritzer,George (ed.) D301 B63
・Web-linked Dictionary of Sociology David Jary and Julia Jary (eds.) D301 W36

・10ten+(plus)1 No.8,9,20,23,34.38.42.43,44 519.8 Te37
・21世紀の刑事施設 刑事立法研究会編 326.52/Ke23
・Anywhere - 空間の諸問題 磯崎新、 浅田彰編 520.4 I85
・NHK世論調査事典 NHK放送文化研究所編 M361.9 N77
・アメリカと宗教 森 孝一編 160.253 Mo45
・おばあちゃんにささげる歌:にんち症と共に生きる
 アンナ・レーナ・ラウリーン/ネッテ・ヨワンソン  493.75 L37
・女たちのスウェーデン:仕事も子どもが可能な国に40年 レグランド塚口淑子 367.2388 Ts52
・学歴と格差・不平等 吉川 徹 361.4 Ki22
・学校化社会における価値意識と逸脱現象 野田陽子 370.4 N92
・聞きまくり社会学-「現象学的社会学」って何? 西原和久 他 361 N82
・現実の社会的構成-知識社会学論考
 ピーター・L・バーガー/トーマス ルックマン 361.6 B38
・構築主義を再構築する   赤川学 361 A29
・心のふれあいの中で  矯正協会  326.53 Ko44
・青少年保護法 安部哲夫 327.8 A12
・図解雑学ジェンダー 加藤秀一 他 367.2 Ka86
・スウェーデンの認知症高齢者と介護 ブリット=ルイーズ・アブラハムソ  369.26  A14
・セクシュアリティの歴史社会学     赤川学 367.6 A29
・対話的自己-デカルト/ジェームズ/ミードを超えて
 ヒューバート・J.M. ハーマンス /ケンペン 141.93 H53
・東京R計画 RE - MAPPING TOKYO CET編 519.8 C29
・年報 村落社会研究 42 日本村落研究学会編 361.48 So48 42
・場所を消費する ジョン、アーリ 361 U86
・文明の衝突 サミュエル・ハンチントン 319 H98
・宮本常一著作集 第48巻 宮本常一 380.8 Mi77 48
・横山 源之助全集 第9巻 立花 雄一 編 360.8 Y79 9
・レンタルお姉さん 荒川 龍 371.47 A63

2007年02月14日

ゼミ選考会について

社会学専攻・社会情報学専攻の新3年生、ゼミ変更希望の4年生のみ、および5年生以上で卒業論文、あるいはゼミを履修する学生を対象に、4月4日(水)午前10時30分から3114教室にてゼミ選考会を行います。対象者は必ず出席して下さい。

 社会学専攻・社会情報学専攻の新3年生、ゼミ変更希望の新4年生へ

 社会学演習、社会情報学演習(ゼミ)の募集方法について(重要)

                                        社会学専攻、社会情報学専攻

1)4月4日(水)10:30から2,3限を使って、3114教室で社会学・社会情報学専攻のすべての演習(ゼミ)について選考会を行うので、対象者(新3年生、ゼミ変更希望の4年生のみ、および5年生以上で卒業論文、あるいはゼミを履修する者)は必ず出席して下さい。

2)当日は、各自がゼミへの参加希望を書き、その場で集計し、その場でゼミ配属を決める予定です。
(2限、3限を使ってこの作業を行います。)

3)その際、カードを配布するので、そこに、氏名(フリガナ)、学籍番号、住所、電話、電子メール、研究したいテーマ及び自己アピールを記入します。また、希望するゼミについて、第7希望まで記入します。(同一のゼミ名の記入は不可)

4)参加希望者が多くて人数の調整が必要なゼミについては、当日、書類で、または面接等を行うなどして、調整します。(昼休みと3時限目も、あけておくこと。)第1希望のゼミに入れなかった場合、記入したカードに従い、順次第2希望以下のゼミに割り当てられることになります。尚、第7希望まで書いていない学生は特段の希望がないと判断し、テーマ等に応じて人数の余裕のあるゼミに割り振りをします。(第1希望だけしか書かなかったといって第1希望に入りやすくなることはありません。)又まれに、第7 希望までのどのゼミにも入れない場合も同様に割り振ります。

5)したがって、ゼミ選考会に出席する学生は、当日までに、自分がどの様な研究をしたいのか、どこのゼミをどのような順番で希望するのか、情報を集めて明確化しておいて下さい。

6)4月4日にどうしても出席できない場合は、以下のようにして下さい。
①信頼できる友達に頼んで、当日その場でカードを提出して下さい。カードは、当日配布の他、数週間前から共同研究室に置く予定です。必要な情報を友達に伝えておいて代筆してもらっても構わないとします。(頼まれた友達は、必ず責任を果たすこと。)
②緊急の場合(事故や急病など)、理由書(様式自由)の他に、診断書などを添え、4月5日までにカードを提出して下さい。それもできない特段の事情がある場合、できるだけ早く(遅くとも4月5日までに)、社会学研究室(9F)または社会情報学研究室(4F)に申し出て下さい。

7)4月4日に出席せず、また友達に依頼するなどもしていなかった学生で、格別の理由がない場合は、4月5日までに、定員に余裕のあるゼミについて社会学専攻の学生は、社会学研究室で、社会情報学専攻の学生は、社会情報学研究室で至急確認をして、カードを提出して下さい。ゼミの担当教員に直接交渉するのではなく、共同研究室を通すようにして下さい。

8)4月5日までにカードを未提出の者は、研究室の判断でゼミ所属を決めます。
  最終的なゼミの配属先については学生ポータルで確認して下さい。
  履修登録の時に、ここで決まったところ以外のゼミの履修は原則としてできません。
                                                  以上