研究室の概要 /  研究室テーマ一覧 /  研究室メンバー紹介 /  OB・OG /  福岡研の一年の流れ /  河川写真集 /  水理学2 / 

これまでの学生ページはこちらからご覧いただけます    



研究室の概要

福岡研究室では、川の洪水や氾濫等の自然災害から人々を守るために、日本の河川が抱える治水面・環境面の課題に対して、主として水工学的視点から研究を行っています。各学生が個人の研究テーマを担当し、それぞれが責任を持って研究に取り組んでいます。現在の河川問題を研究テーマとして選択できるため、とてもやりがいがあります。





研究内容の例
洪水流の伝播・貯留
土砂の輸送量
河床の形状
堤防の破堤・決壊
洪水中の流れや土砂移動
樹木群評価
砂州の移動
河床洗掘
ダム
Etc...


日本の河川は海外の河川と比べて、長さが短く、急勾配でありひとたび雨が降ると、急に増水します。また山地が多いため 、多くの土砂が洪水時に輸送されます。したがって洪水時における水と土砂の動きを把握することはとても重要です。


多くのダムは川の上流にあります.洪水時には,下流で川が氾濫しないようダムで 洪水調節を行います.各ダムでの洪水調節効果を定量的に評価することはとても重要です.





洪水時,川が氾濫すると私たちの生活に多大な損害を与えます.このため堤防の破壊危険性について調べることは,非常に重要です.




河口部には上流から流れてきた 土砂が溜まり,特徴的な地形が形成されてしまい水が流れにくくなります.このような河口部の土砂の溜まるメカニズムを解明することは重要です.



実験や観測では計測が困難な,水と石の動きを数値解析を用いて分析しています.