中央史学会ホームページ
(2010年)

第31回大会案内 (無事終:了しました。ありがとうございました。)
第32回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第33回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第34回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第35回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第36回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第37回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第38回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第39回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第40回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第41回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第42回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第43回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第44回大会案内 (無事終了しました。ありがとうございました。)
第45回大会について (2020年度はコロナウイルス拡散防止のため、中止と致します)


予定




 
中央史学会とは

中央史学会設立の経過

 昭和26年4月、中央大学に文学部が設置され、史学科もその一翼として、研究・教育の活動を開始した。その後、ほぼ四分の一世紀の歳月が流れ、卒業生の数も増し、社会の諸方面におけるその活躍も著しくなってきた。ところで、本学の史学科には、学界における活動の一つの拠点ともなり、また出身者の交流の場となるべき学会が、いろいろな事情で結成されないまま今日に至り、そのために種々の支障が痛感されてきた。それで、国史学専攻の教員が、個別的に、卒業生の意向を聞いたところ、学会の設立に賛成する空気が強かったことから、具体的に学会の結成に向けて準備をととのえることになり、昭和51年5月、関東地方在住の大学院卒業者39名および大学院在学生に呼びかけ、5月29日(土)午後2時より、中央大学会館204号室において、設立準備の会を催した。出席者は教員6名、大学院卒業者24名(別に委任状提出者8名)、大学院在学生10名であった。協議の結果、学会の設立について、出席者の賛同が得られたので、準備会を設立総会に切り替え、(1)中央史学会会則の審議、(2)会員募集方法についての協議、(3)役員の選出、(4)本年度事業計画の審議を行なった。その結果、同日付で、中央史学会を発足させることが決定された。