中 央 史 学 会
第33回大会

 
 
会期 2008年6月28日(土)
会場 中央大学多摩校舎 3号館
 
 
研究発表
 
第一会場  考古・古代・中世部会(3157教室)9:30〜11:30、13:00〜14:30








 
関東地方弥生後期の暦年代について ―考古学から―
天武―持統間における誄儀礼の質的変容
源頼朝の征夷大将軍任官の再検討
大永〜天文期における島津氏の家督争いについての一考察
渤海滅亡後の女真社会と地域間関係
高麗における日本牒状の審議過程について
戦国期甲斐国における川除普請について
比田井克仁氏
藤原  優氏
海老原知弘氏
田中  輝氏
中澤 寛将氏
近藤  剛氏
西川 広平氏

 
第二会場  近世・近現代部会(3158教室)9:30〜11:30、13:00〜14:30







 
相州津久井県の助郷争論
明治初期写真機入手に関する一考察
近代における歴史認識の形成 ―赤報隊顕彰活動を中心に―
昭和期陸軍の統制に関する一考察
歴史史料のデータベース化における試み ―慶應義塾大学古文書室の事例の紹介―
日中戦争時の対中認識についての考察 ―毛里英於莵を中心として―
明治前期における「衛生」と規範意識
 
萩原 拓己氏
川ア 華菜氏
岩立 将史氏
林  宏美氏
丸島 和洋氏
風間  聡氏
石居 人也氏
 
 
公開講演◆ 15:00〜16:30 3551教室
中世武士団はハイブリッドの新人類だった
東北芸術工科大学教授 入間田 宣夫
 
 
◆総  会◆ 16:30〜17:30 3551教室
◆懇 親 会◆ 18:00〜20:00 1号館1410教室
会費 一般3000円 大学院生・学部生2000円
 
 
※会場の中央大学多摩校舎へお越しの際は、次の方法が便利です。
@多摩モノレール「中央大学・明星大学駅」下車。
A京王線「多摩動物公園駅」より徒歩、または「多摩センター」行バスで「中央大学」下車。
 

中 央 史 学 会
〒192-0393 東京都八王子市東中野742−1 中央大学文学部日本史学研究室内
042-674-3790 / http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~s-sato/shigaku/