日本オーウェル協会ホームページ > 日本オーウェル協会の歩み
日本オーウェル協会

 

top-quote

日本オーウェル協会の歩み

「日本オーウェル協会」という名称で呼ばれるようになったのは、1999年7月の全体会の決議からであり、前身は「オーウェル会」です。日本オーウェル協会と改称したのは、若手の会員に本格的な研究発表する場を提供するためと、地方在住の会員の「学会出張」による会への出席を容易にするためです。

オーウェル会はジョージ・オーウェルに深い関心のある大学教員が1977年開催の日本英文学会で集まったことに始まります。それ以来、早稲田大学法学部の会議室で何度か集まり、オーウェルについての情報交換をしたり、親睦会を開いたりしました。オーウェルについて話し合っているうちに、貴重な資料や発言があり、それを何かの形で残しておこうということになりました。そして、1982年に11名の会員全員が『オーウェル研究』第1号を発刊しまた。その研究誌のテーマは「オーウェルと私」というもので、オーウェルと会員との出会いが書かれています。それ以降、『オーウェル研究』は31年間、毎年テーマを設けて発刊されています。

現在の日本オーウェル協会も『オーウェル研究』刊行を中心に活動が行われています。その他に、内外のオーウェル研究者を招いて講演会を開いたり、オーウェルについての発表会を行ったり、読書会を開いたりなどしています。

他の学会と異なるのは、会員がまるで一つの家族のような、温かな雰囲気の中で学ぶことができることです。初代会長はオーウェル研究の草分け的存在の故小野協一(1982~1997)、2代目が故奥山康治(1998~2005)、3代目が大石健太郎(2005~2009)、4代目が現在の佐藤義夫(2009年~)です。