授業用資料に戻る




     国際私法(家族法)参考文献



○体系書
奥田安弘『国際家族法』明石書店、2015年
山田鐐一『国際私法〔第3版〕』有斐閣、2004年
溜池良夫『国際私法講義〔第3版〕』有斐閣、2005年
池原季雄『国際私法(総論)』有斐閣、1973年
折茂豊『国際私法(各論)〔新版〕』有斐閣、1972年

○教科書
櫻田嘉章『国際私法〔第6版〕』有斐閣、2012年
澤木敬郎=道垣内正人『国際私法入門〔第8版〕』有斐閣、2018年
横山潤『国際私法』三省堂、2012年
中西康=北澤安紀=横溝大=林貴美『国際私法〔第2版)』有斐閣、2018年

○日本の家族法
有地亨『家族法概論〔新版補訂版〕』法律文化社、2005年
『新版注釈民法』有斐閣
新基本法コンメンタール『人事訴訟法・家事事件手続法』日本評論社、2013年
松本博之『人事訴訟法〔第2版〕』弘文堂、2007年
『注解人事訴訟手続法〔改訂版〕』青林書院、1993年
『注解家事審判法〔改訂版〕』青林書院、1992年

○通則法の解説
小出邦夫『逐条解説・法の適用に関する通則法〔増補版〕』商事法務、2015年
別冊NBL編集部編『法の適用に関する通則法関係資料と解説(別冊NBL110号)』
 商事法務、2006年

○研究書
折茂豊『国際私法の統一性』有斐閣、1955年
折茂豊『属人法論』有斐閣、1982年
澤木敬郎=青山善充編『国際民事訴訟法の理論』有斐閣、1987年
田中耕太郎『世界法の理論・第1巻〜第3巻』岩波書店、1932年
溜池良夫『国際家族法研究』有斐閣、1985年
松岡博『法選択規則構造論』有斐閣、1987年
横山潤『国際家族法の研究』有斐閣、1997年
江川英文=山田鐐一=早田芳郎『国籍法〔第3版〕』有斐閣、1997年
奥田安弘『国籍法と国際親子法』有斐閣、2004年
奥田安弘『国籍法・国際家族法の裁判意見書集』中央大学出版部、2010年

○その他
櫻田嘉章=道垣内正人編『注釈国際私法 第1巻・第2巻』有斐閣、2011年
櫻田嘉章=道垣内正人編『国際私法判例百選〔第2版〕』有斐閣、2012年
沢木敬郎=あき場準一『国際私法の争点〔新版〕』有斐閣、1996年
木棚照一=松岡博編著『国際私法(基本法コンメンタール)』日本評論社、1994年
国際法学会編『国際関係法辞典〔第2版〕』三省堂、2005年
奥田安弘『外国人の法律相談チェックマニュアル〔第5版〕』明石書店、2013年
中央大学法科大学院 奥田安弘研究室
 http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~okuda/
 国際家族法資料集
  http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~okuda/shiryoshu.html
 国際家族法法令集
  http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~okuda/collection_laws.html
 授業用資料
  http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~okuda/jugyo_shiryo.html
 間違いだらけの勉強法
  http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~okuda/benkyo_ho.html
 間違いだらけの勉強法付録
  http://c-faculty.chuo-u.ac.jp/~okuda/benkyo_ho_huroku.html


      国際私法(家族法)参照条文


上記「国際家族法法令集」の〔条約〕〔法令〕を参照してください。



---------------------------------------------------
Copyright 2009 Prof. Dr. Yasuhiro Okuda All Rights Reserved