家族の衰退が招く未来

山田昌弘+塚崎公義

家族の衰退が招く未来
目次

序  経済学と家族社会学のコラボレーションが求められる時代へ
第1章 右肩上がりだった日本経済
――需要と供給がバランスよく伸び、高度成長からバブルへ
第2章 すべての制度は高度成長期につくられた
――典型的な「戦後家族モデル」と経済の関係
第3章 長期停滞に陥った日本 
――深刻な需要不足を生み出した複合的要因とは
第4章 変容する家族と噴出する諸問題
――少子化、経済停滞はなぜ起こったか
第5章 将来の家族の姿と日本経済
――家族の消費需要は回復するのか
第6章 10年後、20年後の日本経済
――過度な悲観が正しくないこれだけの理由
第7章 危機を回避するための処方箋
――政府、企業、私たちは何をすべきか

内容

日本経済が停滞する真因とは?

年金、医療、雇用、結婚……「戦後家族モデル」を前提とした数々の制度を見直すことで、日本は再び成長できる。家族社会学と経済学の視点から、日本の過去、現在、未来を読み解く。