3.1 利用者のガイドライン

3.1.1 メーリングリストとネットニュースの一般的なガイドライン

あなたが何かを投稿する前に、1〜2か月の間メーリングリストとニュースグループの両方を読みましょう。これは、あなたがそのグループの文化を理解するのに役立ちます。

システム利用者の行為に関して、そのシステム管理者を非難してはいけません。

多くの読者があなたの投稿を読むということを考えましょう。その中には、あなたの現在の、あるいは将来の上司がいる かもしれません。あなたが書く内容に注意しましょう。また、メーリングリストもニュースグループもしばしばアーカイ ブになり、あなたの言葉が非常に長い間多くの人々がアクセスできる場所に保管されるかもしれないということを覚えて おきましょう。

ある人の発言は、その人の個人的な意見であり、(特に明示していない限り)その所属組織の見解ではないものと考えま しょう。

メールもニュースもシステム資源を消費するものであることを覚えておきましょう。その利用について、あなたの組織が 定めているかもしれない特別な規則について注意を払いましょう。

メッセージや記事は、簡単で要領を得たものでなければなりません。的外れの話題をさまようことなく、脱線することの ないようにし、単に他人の誤字脱字を指摘するためだけのメールや記事を送ったりしてはいけません。これらの行為は、 他のどんな行為よりも明白にあなたが未熟な初心者であることを示してしまいます。

サブジェクト(題名)の行は、そのグループの規則に従って書かなければなりません。

偽造やごまかしは、承認された行為ではありません。

広告は、ある種のメーリングリストやニュースグループでは歓迎されますが、その他のメーリングリストやニュースグル ープでは嫌悪されます!これは、投稿する前に読者が誰かを知っておく、ということのもう1つの例です。完全に話題か ら外れた頼まれてもいない広告を出せば、確実に多数のいやがらせのメールがあなた宛に届くことになります。

あるメッセージについて返事を送ったり投稿する時には、必ず先頭にオリジナルの要約を書くか、状況を伝えるのにちょ うど十分な量のオリジナルの文を引用として含めましょう。これで、あなたの返事がどこから始まるのかを確実に読者に 理解させられます。特にネットニュースでは、記事があるホストから他のホストに次々と配送されるため、オリジナルが 届く前に返事が先に届いてしまうこともあります。状況説明を与えることは、全員に役立ちます。ただし、オリジナルの 全文を含めることはしてはいけません!

繰り返しますが、あなたのメッセージに付ける署名を必ず持ちましょう。これにより、ヘッダ情報をはぎとってしまうメ ーラやニュースリーダでも、あなたの連絡先の情報は消されないで確実に残るようになります。

あなたがメッセージや記事に返事をする時には慎重に行いましょう。しばしば、返事のメールや記事は元の記事のあった アドレスに返送されますが、多くの場合それはメーリングリストかニュースグループのアドレスです!個人的な返事をと てつもなく多くの人に送りつけ、みんなを当惑させてしまうかもしれません。最も良い方法は〔個人的な返事を書くとき には〕「返事を書く(reply)」機能に頼らずに、宛先アドレスを自分でタイプすることです。

配達証明、不着時の情報、休暇中自動応答プログラムは、完全に標準化しているものではなく、インターネットメールに 接続されたシステム間を経由する上で完全に信頼できるものでもありません。これらはメーリングリストに送信する時に は侵略的ですし、配達証明はプライバシーの侵害であると考えている人もいます。要するに、これらを使ってはいけない ということです。

個人宛のメッセージをメーリングリストやニュースグループに流してしまったことに気付いたら、相手とそのグループに おわびのメールを送りましょう。

自分がある1人の人と意見が一致しないことに気付いた時には、メーリングリストやニュースグループにメッセージを送 り続けるのではなく、個別に電子メールで返答しましょう。そのグループが何がしかの関心を持つかもしれない点を討論 しているならば、あなたは彼らのためにあとで要約をしてあげても良いでしょう。

フレーム戦争(感情的論争)に巻き込まれてはいけません。火のつきやすい記事は、投稿してもいけませんし、返答して もいけません。

返答に対して、もはや必要のない返答でしかないメッセージや記事を送ることは避けましょう。

等幅フォントや図は慎重に使いましょう。これらは他のシステムでは異なって表示されるでしょうし、同じシステムでも メーラによって表示が異なります。

さまざまなニュースグループやメーリングリストが、さまざまな趣味や話題を議論するために用意されています。これら は、生活様式、宗教、文化の多様性を表わしています。あなたが反対意見を持つグループに対し「あなた方の考えには反 対だ」という攻撃的なメッセージや記事を投稿することは受け入れられません。性的、人種的いやがらせのメッセージは 法的な問題になるかもしれません。攻撃的な項目があるかどうかフィルタして探しだせるソフトウェアも利用できます。

〔日本では、一般にサブジェクトに日本語文字を用いることは歓迎されていないことを覚えておきましょう。システム環 境によっては、サブジェクトの日本語文字が正常に表示できない場合があります。初めての相手にメールを送る時や、グ ループに送る場合には注意しましょう。英語かローマ字を使いましょう。〕

3.1.2 メーリングリストのガイドライン

インターネット上にどんなメーリングリストが存在していて、どう参加したら良いかを知る方法はいくつかあります。あ なたの組織が、メーリングリストへの加入と投稿について、どんな方針を定めているかを確実に理解しておきましょう。 一般に言えることですが、インターネットで情報を探し始めるよりも先に、まず自分の組織内の情報を調べてみることは 常に良いことです。インターネット・メーリングリストと参加方法を一覧にしたファイル群がnews.answersに定期的に投 稿されています。これは、各種の話題に関するメーリングリストを探すための貴重な情報源です。推奨文献一覧の [9,13,15]も参照してください。

参加申請(subscribe)、脱退申請(unsubscribe)のメッセージは適切なアドレスに送りましょう。いくつかのメーリン グリストソフトウェアにはこれらをキャッチできるほど賢いものもありますが、すべてが探し出せるわけではありませ ん。メーリングリストがどのように機能しているかを学び、正しいメールを正しい場所に送るのはあなたの責任です。非 常に多くのメーリングリストが -requestをつけたアドレスで参加脱退申請を受け付けるように設定してはいるものの、全 部がそうしているわけではありません。参加しようとするメーリングリストで使われている方式を必ず調べておきましょ う。

自分が参加するすべてのメーリングリストの参加申請メッセージを保存しておきましょう。通常、その中には脱退方法 〔と連絡先アドレス〕も書いてあります。

一般に、一度あなたが送ったメッセージを回収することは不可能です。あなたのシステム管理者でも、あなたが送っって しまったメッセージを取り戻すことはできません。これは、自分の書いたメッセージが本当に送信したいものなのかどう か、あなた自身で確認しておかなければならないことを意味します。

多くのメールプログラムが持つ自動返信機能は内輪の通信には役立ちますが、メーリングリスト全体に送られた時には悩 みの種になります。メーリングリストから届いたメッセージに返答する時には、「Reply-To」アドレスを調べましょう。 ほとんどの自動返信機能ではメーリングリストの全参加者に送信します。

URL (Uniform Resource Locator) やFTP可能なバージョンの入手先を示せば済む場合には、メーリングリストに大きい ファイルを送ってはいけません。ファイルを複合ファイル〔分割ファイル〕として送りたい時には、そのグループの慣習 に必ず従わなければいけません。どんな慣習になっているのか知らない時には、尋ねましょう。

長期間にわたってメールをチェックできない時には、脱退するか、「nomail」オプションの設定をする(それが利用でき るとき)ことを考慮しましょう。

1つのメッセージを複数のメーリングリストに投稿する時、特にそのリストが互いに密接な関係のあるときには、クロス ポストすることについて謝罪しておきましょう。

質問をしたときには、必ずサマリ(summary; 概要)を投稿しましょう。その時は、受け取ったメッセージの束を送るので はなく、正しく要約して送りましょう。

メーリングリストの中には私的なものもあります。これらの招かれていないメーリングリストにメールを送ってはいけま せん。私的なメーリングリストから届いたメールを、対象外の人々に広報してはいけません。

あなたが論争につかまった場合は、書き手の人格ではなく、書いてある内容に議論を集中するように保ちましょう。


以上は次の文書の一部を転載したものです。

ネットワーク・ワーキング・グループ

RFC(Request For Comments)文書番号:1855

FYI(For Your Information)文書番号:28

分類:Informational

サリー・ハンブリッジ著(インテル社)   1995年10月

高橋 邦夫訳(東金女子高等学校)1996年3月1日

ネチケットガイドライン


日本語版原本の所在は下記のURLです。

※日本語版(ですます調) WWW: http://www.togane-ghs.togane.chiba.jp/netiquette/rfc1855j.txt FTP: ftp://ftp.togane-ghs.togane.chiba.jp/netiquette/rfc1855j.txt

※日本語版(である調) WWW: http://www.togane-ghs.togane.chiba.jp/netiquette/rfc1855ja.txt FTP: ftp://ftp.togane-ghs.togane.chiba.jp/netiquette/rfc1855ja.txt (ファイル名が8文字を超えていますので注意してください)

※HTML版 WWW: http://www.togane-ghs.togane.chiba.jp/netiquette/rfc1855j.html FTP: ftp://ftp.togane-ghs.togane.chiba.jp/netiquette/rfc1855j.html

ネチケット・ホームページ[ http://www.togane-ghs.togane.chiba.jp/netiquette/]もご参照ください。


戻る