中央大学 小松研究室(生命分子化学)

教授 小松 晃之

 

学 歴
1988 早稲田大学 理工学部 応用化学科 卒業
1990 早稲田大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 修士課程 修了
1994 早稲田大学大学院 理工学研究科 応用化学専攻 博士課程後期 修了
  博士(工学)早稲田大学(1994)
職 歴
1993-1995 日本学術振興会(JSPS)特別研究員
1995-1997 日本学術振興会(JSPS)海外特別研究員(Freie Universität Berlin, Germany)
1997-2006 早稲田大学 理工学総合研究センター 講師、助教授
2006-2010 早稲田大学 理工学術院 総合研究所 准教授
2006-2010 科学技術振興機構(JST)戦略的創造研究推進事業 さきがけ「構造制御と機能」個人研究者(兼任)
2010-現 在 中央大学 理工学部 応用化学科 教授
その他
2010-2015 慶應義塾大学 医学部 訪問准教授、訪問教授
2003-2010 Imperial College London 客員研究員
専門分野 生命分子化学、生物無機化学、生体高分子化学
所属学会 日本化学会、高分子学会、錯体化学会、日本血液代替物学会、米国化学会(ACS)
学会委員など
1998-現 在 高分子学会:超分子研究会、行事委員会など 運営委員
2007-2010 日本医工学治療学会 評議員
2008-2014 高分子学会:関東支部 理事、常任幹事
2010-現 在 日本血液代替物学会:理事、評議員、第21回年次大会大会長
2014-2017 日本化学会:関東支部 常任幹事、代議員
2014-現 在 Polymers for Advanced Technologies (Wiley) 編集委員