違法な漁獲と流通

 
 

違法な漁獲と流通

 

国内で養殖されているウナギのうち、半分以上が密漁や違法な流通を経ていると考えられています。密漁や違法な流通は、ルールに反しているだけでなく、資源管理を困難にします。行政や研究者とともに、漁獲や養殖、流通や調理に関わる全ての人間が、この問題に対して正面から向き合う必要があります。

 

国内で養殖されているウナギのうち、半分以上が密漁や違法な流通を経ていると考えられています。密漁や違法な流通は、ルールに反しているだけでなく、資源管理を困難にします。行政や研究者とともに、漁獲や養殖、流通や調理に関わる全ての人間が、この問題に対して正面から向き合う必要があります。

国産ウナギの半分以上が不適切な流通を経ている

 
シラスウナギ

 日本国内で養殖されているニホンウナギには、国内で採捕されたシラスウナギを育てたものと、国外で採捕されたシラスウナギを輸入して育てたものがあります。国内で採捕されたシラスウナギについては、その半分程度、2015年漁期については6割以上が、密漁や無報告の漁獲です。密漁と無報告の漁獲は、どちらも法律に違反する行為です。
 
 輸入されたシラスウナギについて見てみると、そのほとんどが香港から輸入されています。これらのシラスウナギは、税関を通ってはいるものの、中国や台湾などから密輸された可能性が高いと考えられています。
 
 全体を見ると、国産の養殖場に入るシラスウナギのうち、少なくとも半分程度、多ければ7割程度が密漁、無報告漁獲、密輸などの違法行為を経ています。これら違法なシラスウナギと適法なシラスウナギは養殖場で混じり合い、養殖業者でも区別がつかなくなります。成長したウナギはそのまま通常の流通経路に乗り、蒲焼店やレストランで提供され、スーパーやネットを通じて販売されます。

2015年シーズンに
国内の養殖場で利用されたシラスウナギ

 
報告された池入れ量から輸入量を差し引くと、国内のシラスウナギ漁獲量15.3tが得られる。このうち適切に報告されたのは5.7tであり、9.6tは密漁や過小報告などの違法行為によって国内で漁獲されたシラスウナギ。輸入された3.0tは香港から輸出されているが、香港にはシラスウナギ漁業は存在せず、台湾や中国本土など原産地からの密輸が疑われている。


違法な漁獲や流通の及ぼす悪影響

 
 このような 違法な漁獲や流通は、漁獲量と漁獲努力量の把握を困難にします。 漁獲量と漁獲努力量を把握することができなければ、ニホンウナギをどの程度漁獲しても良いのか、基準を設定することができません。また、違法な漁業や取引という行為が放置されている現状は、ウナギ業界に対する社会的な信頼を失墜させ、ニホンウナギの危機をいっそう深刻にすることも考えられます。
 
 残念ながら水産庁は、闇流通はシラス高騰につながるものの、資源管理とは別問題(2016年10月12日に開催された自民党水産部会にて. みなと新聞より引用)と発言し、その後もこの立場を崩していません。これは、水産資源を扱う専門家から見ると、あまりにも常識に外れた見解です。シラスウナギの漁獲量と漁獲努力量が正確に把握されていないことは、明らかにニホンウナギの資源量の把握を困難にしており、このため適切な池入れ量(過剰な消費)も設定できないのが、現在の状況です。

国産ウナギを提供・販売するということ

 
 
 日本国内でウナギが販売される時には、国産であることをアピールしているケースが多く見られます。しかし、国産ウナギを扱うことは、違法性の強く疑われる商品を扱うことです。直接シラスウナギを採捕する方々だけでなく、養殖業者、流通業者、蒲焼店やレストランなどのコンプライアンス(企業や組織における法令遵守)が問われることは必至です。コンプライアンスの問題は、私的な企業や組織に限られることではありません。「ふるさと納税」の返礼品など、国産ウナギの流通に行政が関わっている例が見られます。また、学校給食や大学生協の食堂での提供など、教育機関がウナギを提供している場合もあります。よりいっそうコンプライアンスに気を配るべき行政や教育機関においては、合法性を確認できる場合を除いて、国産のニホンウナギを扱うことは避けるべきです。

 
 シラスウナギの密漁と違法取引は、最近始まったことではありません。数十年前より密漁と違法取引は横行しており、そのことは業界でも、行政でも、研究者の間でも、ごく当たり前のこととして知られていました。残念ながら、現在、適法であることを証明できる国産の養殖ウナギを入手することは不可能に近いことです。このため、今すぐ違法性が疑われる国産ウナギの取引から手を引くべきだ、とまでは言えません。しかし、現状を改め、正常化を進める努力をしていないとすれば、その組織や企業のコンプライアンスには、大きな問題があると言えます。次に国産ウナギを食べるとき、または購入するときに、販売者に対して、合法であることが確認されているのか、確認されていないとすれば、シラスウナギ採捕と流通の正常化に関してどのような努力をしているのか、尋ねてみてはいかがでしょうか。経営者の意識が見えてくるかと思います。

関連記事

 

過剰な消費

 

河川や沿岸環境の
劣化

 

過剰な消費

 

河川や沿岸環境の
劣化