ニホンウナギは
絶滅するのか

 

 
 

ニホンウナギは
絶滅するのか

 

 

ニホンウナギは、その個体数の減少が危惧され、絶滅危惧種に区分されています。しかしながら、ニホンウナギの個体群動態に関する研究は進んでおらず、現時点における個体数増減の傾向は明らかにされていません。漁獲量や漁獲努力量といった基本的なデータの不足、密漁や無報告漁獲に起因する統計データの信頼性の低さ、放流ウナギと天然ウナギの混在などが、個体群動態の解析を困難にしています。

 

ニホンウナギは、その個体数の減少が危惧され、絶滅危惧種に区分されています。しかしながら、ニホンウナギの個体群動態に関する研究は進んでおらず、現時点における個体数増減の傾向は明らかにされていません。漁獲量や漁獲努力量といった基本的なデータの不足、密漁や無報告漁獲に起因する統計データの信頼性の低さ、放流ウナギと天然ウナギの混在などが、個体群動態の解析を困難にしています。

絶滅危惧種

 
 ニホンウナギの個体数は、1970年代と比較して大きく減少していると考えられています。環境省は2013年に、国際自然保護連合(IUCN)は2014年に、ニホンウナギの絶滅の危険性が高まっているとして、絶滅危惧ⅠB類(EN)に指定しました。

IUCNのレッドリストカテゴリー
 

絶滅危惧IA類、絶滅危惧IB類、絶滅危惧II類を絶滅危惧種と呼ぶ。準絶滅危惧は、今は絶滅危惧ではないが、現在の状態が続くと、将来絶滅危惧になると考えられる生物。軽度懸念は現在のところ絶滅の危険はないと考えられる分類群。

ニホンウナギは増えている?

 
 ニホンウナギの数が現在、増えているのか減っているのか、専門家の中でも意見が分かれています。現時点では、ニホンウナギの増減について論じた学術論文は一つしか存在せず、その論文では1990年代以降ニホンウナギは増加している、と報告しています*1。しかし、ニホンウナギは現在も減少していると考えている専門家は、決して少なくありません。また、ニホンウナギを漁獲している漁業者の方々からも、「減少している」という声が多く聞かれます。
 

*1 Tanaka, E. (2014). Stock assessment of Japanese eels using Japanese abundance indices. Fisheries Science, 80(6), 1129-1144.

限られたデータ

 
 ニホンウナギの数は増加しているのか、減少しているのか。知るための指標となるのが、漁獲量です。公式にまとめられている漁獲量には、養殖に用いるシラスウナギの漁獲量や、河川や湖沼で漁獲される、いわゆる「天然ウナギ」の漁獲量があります。いずれも漁業者から行政に提出された報告をまとめたものです。
 
  一般的に、魚類の数を推定するときは、「単位努力量あたりの漁獲量(CPUE: Catch Per Unit of Effort)」が用いられます。漁獲量は、漁業者の増減や出漁日数などの影響を受けて変化するため、一回の出漁あたり、漁業者一人当たり、網一つあたりの漁獲量を算出し、密度の指標とします。
 
 「単位努力量あたりの漁獲量(CPUE)」の算出には、漁獲量と漁獲努力量(漁業者数や出漁日数など)のデータが必要になります。しかし、ニホンウナギに関して入手可能なデータは、おもに漁獲量のみであり、漁獲努力量に関する情報が不足しています。このため、ニホンウナギが増えているのか、減っているのか、減っているとすればどの程度減少しているのか、把握することが難しいのが現状です。

日本の河川や湖沼におけるウナギ漁獲量の変遷
農林水産省「漁業・養殖業生産統計」をもとに作成
シラスウナギではなく、食用に供されるいわゆる「天然ウナギ」の数値です

密漁と無報告漁獲

 
 問題は、漁獲努力量が分からないだけではありません。水産庁によると、2014年から2015年にかけてのシラスウナギ漁期(2015年シーズン)について、法律に基づいて報告された国内採捕量が5.7トンでした。しかし、実際に養殖に利用された量から算出した国内採捕量は15.3トンであり、9.6トン、国内採捕量の6割以上が許可を得ずにシラスウナギを捕る密漁と、許可を得て漁獲しながら過小報告する無報告漁獲であることがわかりました(違法な漁獲と流通)。公表されているシラスウナギ採捕量のデータの信頼性は著しく低く、ニホンウナギの現存量や個体数の推定を、非常に難しくしています。

放流

 
 さらに、河川や湖沼の漁業協同組合が漁業法に基づいて行っているウナギの放流や、水産庁が事業として行なっている放流も、データの解析を難しくしています。近年の研究から、日本の河川や湖沼に生息しているウナギの半分程度は放流された個体である可能性が示されています。個体数を推測する際には、成長速度や死亡率などの数値を利用しますが、産まれたときから自然の中で育ったウナギと、人間の手によってある程度の大きさまで飼育されてから放流されたウナギでは、これらの値は全く異なるはずです。

生息域の減少

 
 2014年に台湾と香港の研究者らによって発表された論文*2によると、日本、中国、台湾、韓国の16河川において、1970年から2010年の間に有効な成育場の76.8%が失われたとされています。また、日本海沿岸でも江戸時代と比較してシラスウナギの進入が少なくなったという報告*3もあります。
 


*2 Chen, J. Z., Huang, S. L., & Han, Y. S. (2014). Impact of long-term habitat loss on the Japanese eel Anguilla japonica. Estuarine, Coastal and Shelf Science, 151, 361-369.
*3 Kaifu, K., Maeda, H., Yokouchi, K., Sudo, R., Miller, M. J., Aoyama, J., ... & Washitani, I. (2014). Do Japanese eels recruit into the Japan Sea coast?: A case study in the Hayase River system, Fukui Japan. Environmental biology of fishes, 97(8), 921-928.

結論

 
 その程度を定量的に示すことは現在のところ困難ですが、少なくとも、1970年代ごろと比較した場合、ニホンウナギは減少していると言えます。散在するデータを集め、整理することで、現状についての理解を深めることができるはずです。

関連記事

 

ウナギが
蒲焼になるまで

 

過剰な消費

 

ウナギが
蒲焼になるまで

 

過剰な消費