ウナギが蒲焼になるまで

 

 
 

ウナギが蒲焼になるまで

 

 

 現在消費されているニホンウナギの大部分、99%以上は養殖されたウナギです。
 
 飼育しているウナギに卵を産ませ、育てることは技術的に難しく、商業的な応用は実現していません。
 
 このため、養殖されたニホンウナギは全て、マリアナの海で生まれた天然の子ども(シラスウナギ)を捕まえ、養殖場で育てたものです。
 
 「養殖ウナギ」と呼ばれてはいますが、元々は野生の個体ですので、消費が行き過ぎれば、ニホンウナギは減少します。高級鰻屋で食べるウナギも、冷凍パックに詰められたウナギも、かつては野生のニホンウナギだった、という意味では同等です。

 

ニホンウナギとは

 

ニホンウナギは
絶滅するのか

 

ニホンウナギとは

 

ニホンウナギは
絶滅するのか