大会2日目:11月29日(日)

公開企画 「死と生と」

  どなたでも無料でご参加
  いただけます。
  申込の必要はありません。
  直接会場へお越しください。
  定員:2,200名

「死と生と」ポスター

共催:中央大学保健体育研究所

後援:八王子市 日野市

<一般公開 ・ 参加費無料>

総合司会:宮本知次(中央大学教授)

 特別プログラム

『ぼくがいま、死について思うこと』

 基調講演 : 椎名 誠 (作家)

 対談:×目黒考二(文芸評論家)

 シンポジウム:『死と生と』

  企画趣旨

鮎澤 聡筑波技術大学准教授
遠藤卓郎 筑波大学名誉教授
大井 玄東京大学名誉教授
渡邉勝之明治国際医療大学准教授
高橋和子 横浜国立大学教授
大門正幸中部大学教授
島薗 進上智大学
グリーフケア研究所所長

研究発表2

お知らせ

  • シンポジウム「死と生と」の企画趣旨を掲載しました。
  • 大会参加方法の事前申込に詳細の追加と振込口座を掲載しました。
  • プログラム・抄録集が完成、学会員・参加登録者へ発送を開始しました。
    抄録集表紙
    表紙:本会常任理事、青木宏之(号:天外)先生書、14名の顧問・役員の先生方の書下ろし随筆集も掲載。
  • 大会参加方法の事前申込期日を延長します。
    会員:2015年11月18日まで
    非会員:2015年11月16日まで
  • プログラム公開企画を更新しました。
  • シンポジウム「いま、湯浅泰雄を語る」の企画趣旨を掲載しました。
  • プログラムに出演者紹介を追加しました。
  • 演題募集を9月14日まで延長します。
  • 公開企画に日野市から後援を頂きました。
  • 公開企画に八王子市から後援を頂きました。
  • 演題募集ページを更新しました。
  • ホームページをリニューアルしました。
アクセスカウンタ

ページの先頭へ戻る