太宰治年譜

明治四十二年(一九○九年)  六月十九日、青森県北津軽郡金木村大字金木字朝日山四一四番地に、父津島源右衛門、母夕子の六男(二人の兄は夭逝し実質は文治、英治、圭治に次ぐ四男)と して生れる。十一人兄姉中十番目の子供であった。本名津島修治。当時、津島家は屋号を〈源といい、県内屈指の大地主で、父は地方政治家としても活躍してい た。母が、病弱のため主として叔母きゑに育てられる。

明治四十四年(一九一一年) 四月、近村タケが太宰治の子守としてめんどうをみる。

明治四十五年(一九一二年) 七月、弟礼治誕生。

大正五年(一九一六年)七歳 四月、金木第一尋常小学校入学。

大正六年(一九一七年)八歳 タケ、分家した叔母きゑの女中となり津島家を去る。

大正七年(一九一八年)九歳 タケ、小泊の越野家に嫁ぐ。

大正十一年(一九二二年)十三歳 金木小学校を卒業し、学力補充のため、四カ村(金木と隣接三カ村)組合立明治高等小学校に通う。

大正十二年(一九二三年)十四歳 三月、父源右衛門、貴族院議員(多額納税)在任中に東京で死去。四月、青森県立青森中学校(現・青森高等学校)に入学。遠縁の青森市寺町一四番地豊田太左衛門方に寄宿。

大正十四年(一九二五年)十六歳 この頃より作家を志望、級友との同人雑誌等に小説、戯曲、エッセイを発表。四月、弟礼治、青森中学校に入学、ともに豊田家に同宿。八月、級友と同人雑誌『星座」創刊。十一月、文学仲間と同人雑誌『蜃気楼」創刊、編集兼発行人となる。

昭和二年(一九二七年)十 八歳 四月、中学四年修了で官立弘前高等学校(現・弘前大学)文科甲類に入学。市内富田新町五十七番地の親戚藤田豊三郎方に止宿。七月、芥川龍之介の自殺 に大きな衝撃を受ける。義太夫や花柳界に興味を持ち、江戸文学や文人趣味に親しむ。九月、青森の芸妓紅子(小山初代)となじみになる。

昭和三年(一九二八年)十九歳 五月、同人雑誌『細胞文芸」を創刊し、辻島衆二の筆名で「無間奈落」(未完)や「彼等と其のいとしき母」などを発表。九月、四号で廃刊するまでに井伏鱒二、舟橋聖一等の寄稿を得る。十二月、新聞雑誌部に参加、『交友会雑誌」に「此の夫婦」を発表。

昭和四年(一九二九年)二十歳 一月、弟礼治逝去。「弘高新聞」や県内同人誌に評論や創作を発表。プロレタリア文学を意識した「地主一代」なども執筆。一方、青森で、芸者紅子と逢う瀬を重ねる。十二月、期末テストの前夜、カルモチン自殺をはかり未遂。

昭和五年(一九三○年)二十一歳 三月、弘前高等学校を卒業。四月、東京帝国大学仏文科に入学。五月、高校の先輩工藤永蔵の誘いで共産党のシンパ活動に参加。この頃、かねてから尊敬していた井伏鱒二に初めて会い以後師事する。六月、三兄圭治病没(27歳)。七月、「学生群」を青森地方の同人雑誌『座標』に発表(十一月まで連載して中断)。十月、小山初代が上京して来たが、長兄が上京、分家除籍を条件に結婚を認め、初代は落籍のため兄とひとまず帰郷。十一月、銀座のカフエの女給田部シメ子(19歳)と、鎌倉郡腰越町小動崎でカルモチン嚥下。女は死亡し、太宰は、すぐ裏の恵風園療養所に収容される。自殺幇助罪に問われたが、起訴猶予。一二月、碇ヶ関温泉で、小山初代と仮祝言。

昭和六年(一九三一年)二十二歳 二月、上京した小山初代と品川区五反田に新所帯を持つ。この年、資金カンパやアジト提供など非合法運動を続け、また、朱麟あるいは朱鱗と号して俳句に凝るなどで、大学へはほとんど出なかった。

昭和七年(一九三二年)二 十三歳 春、非合法運動のため、転々と居を移す。六月、同棲以前の初代の過失を知りショックを受ける。七月、非合法運動を放棄し青森警察署に自首、以後左 翼運動から離れる。八月、静岡県静浦村(現沼津市)に赴き一ヶ月ほど滞在、「思い出」を執筆。十二月、青森検事局に出頭。完全に非合法運動から離れる。

昭和八年(一九三三年)二十四歳 二月、初めて太宰治の筆名を用いて「列車」を『サンデー東奥」に発表。三月、古谷綱武、今官一、木山捷平等の始めた同人雑誌『海豹」に参加し、創刊号に「魚服記」、続いて「思ひ出」を発表し好評を得る。この頃、檀一雄、伊馬鵜平(春部)、中村地平等を知る。

 四月、「思い出」(海豹、七月完結)

昭和九年(一九三四年)二十五歳 古谷綱武・檀一雄編集の『鷭』に「葉」「猿面冠者」を発表。夏、三島に滞在し「ロマネスク」を執筆。十二月、檀一雄、木山捷平、中原中也、津村信夫、山岸外史等と同人雑誌「青い花」を創刊。創刊号だけで廃刊となり、翌十年三月、『日本浪曼派」に合流。

 四月、「葉」(鷭) 七月、「猿面冠者」(鷭) 十月、「彼は昔の彼ならず」(世紀) 十二月、「ロマネスク」(青い花)

昭和十年(一九三五年)二 十六歳 二月、「逆行」を『文藝」に発表、同人雑誌以外に発表した最初の作品である。三月、大学卒業は絶望、都新聞社の入社試験にも落ち、鎌倉で縊死を企 てたが失敗。四月、盲腸炎で入院、手術後腹膜炎を起し、鎮痛のため使用したパビナールのため、以後中毒に悩む。五月、檀一雄、山岸外史らと「日本浪蔓派」 に参加、「道化の華」発表。七月、静養のため、経堂病院に入院、七月、千葉県船橋に転地。八月、「逆行」が第一回芥川賞候補となったが、次席。佐藤春夫を 知り、以後師事する。芥川賞の選考を巡っては、川端康成と応酬があった。九月、授業料未納により東京帝国大学から除籍される。この年、京城にいる田中英光 と手紙による交遊関係が始まる。

五月、「道化の華」(日本浪曼派) 七月、「玩具」(作品)「雀こ」(作品) 八月、エッセイ「もの思う葦」(日本浪曼派、十二月完結) 九月、「猿ヶ島」(文學界) 十月、「ダス・ゲマイネ」(文藝春秋) 十二月、「地球図」(新潮)

昭和十一年(一九三六年)二 十七歳 二月、パビナール中毒が進行し、芝の済生会芝病院に入院するが、全治せぬまま一カ月足らずで退院。六月、砂子屋書房より処女創作集「晩年」を刊 行。八月、パビナール中毒と肺病治療のため赴いた群馬県谷川温泉で、第三回芥川賞落選を知り打撃を受ける。十月、井伏鱒二らの勧めにより、江古田の武蔵野 病院に一カ月入院し、パビナール中毒を根治して退院。入院中、妻初代姦通を犯す。退院後、杉並天沼のアパート碧雲荘に住む。

一月、エッセイ「碧眼托鉢」(日本浪曼派、三月完結)「めくら草紙」(新潮) 四月、「陰火」(文芸雑誌) 五月、「雌について」(若草) 七月、「虚構の春」(文學界) 十月、「狂言の神」(東陽)「創生記」(新潮)「喝采」(若草)

昭和十二年(一九三七年)二十八歳 三月、入院中の初代の過失を知り、ショックを受ける。初代と谷川温泉近くでカルモチン自殺をはかったが未遂、帰京後初代と別れる。その後翌年にかけ、時折エッセイ等を書くほか、ほとんど筆を絶つ。

一月、「二十世紀旗手」(改造) 四月、「HUMAN LOST」(新潮) 十月、「燈籠」(若草)

『虚構の彷徨、ダス・ゲマイネ』(六月、新潮社刊)

『二十世紀旗手』短編集(七月、版画荘刊)

昭和十三年(一九三八年)二 十九歳 七月、井伏から縁談ろ持ち込まれ、明るい作風に転換をはかる。この頃「姥捨」を書き始める。九月、山梨県御坂峠の天下茶屋に行き、長編「火の鳥」 の執筆に専念したが、結局この小説は未完に終る。十一月、井伏鱒二が親代りになって石原美知子と婚約。御坂峠から甲府市内に居を移し、結婚を待つ。

 九月、「満願」(文筆) 十月、「姥捨」(新潮)

昭和十四年(一九三九年)三 十歳 一月、井伏家で簡素な結婚式をあげ、甲府市御崎町五十六番地で新婚生活に入る。安定した生活を背景に健康で平易な作品が次々と発表される。四月、 「黄金風景」が『国民新聞」の短編コンクールに当選。九月、東京府北多摩郡三鷹村下連雀一一三番地に転居、以後、疎開の期間を除いて二十三年六月、亡くな るまで住んだ。

二月、「富嶽百景」(文体、三月完結) 三月、「黄金 風景」(国民新聞) 四月、「女生徒」(文學界)「懶惰の歌留多」(文藝) 六月、「葉桜と魔笛」(若草) 八月、「八十八夜」(新潮) 十月、「畜犬 談」(文学者) 十一月、「おしゃれ童子」(婦人画報)「皮膚と心」(文學界)

「愛と美について」書下ろし短編集(五月、竹村書房刊)

『女生徒」短編集(七月、砂子屋書房刊)

昭和十五年(一九四○年)三十一歳 十二月、創作集『女生徒」が第四回北村透谷賞の副賞碑を受ける。新しい傾向の中にも時に迷いや自戒を示す作品も書いている。

一月、「俗天使」(新潮)「鴎」(知性)「春の盗賊」 (文芸日本)「女の決闘」(月刊文章、六月完結) 二月、「駈込み訴え」(中央公論) 三月、「老ハイデルベルヒ」(婦人画報) 四月、「善蔵を思う」 (文藝) 五月、「走れメロス」(新潮) 六月、「古典風」(知性) 七月、「盲人独笑」(新風)「乞食学生」(若草、十二月完結) 十一月、「きりぎり す」(新潮) 十二月、「ろまん燈籠」(婦人画報、十六年六月完結)

「皮膚と心」短編集(四月、竹村書房刊)

「思い出」短編集(六月、人文書院刊)

「女の決闘」短編集(六月、河出書房刊)

昭和十六年(一九四一年)三 十二歳 落ち着いた作風で文壇に地歩を築いたのを背景に青春への訣別と今までの総決算として一月「東京八景」を、二月からは、懸案の長編小説「新ハムレッ ト」の執筆を始め、五月、完成。六月、長女園子誕生。八月、生母たねに会うため十年ぶりに郷里金木町に帰る。九月、太田静子が友人と共に太宰家を初めて訪 問。十一月、文士徴用を受けたが、胸部疾患のため徴用免除。十二月八日、太平洋戦争開戦、「十二月八日」を執筆。

一月、「清貧譚」(新潮)「みみずく通信」(知性)「東京八景」(文學界)「佐渡」(公論) 六月、「千代女」(改造) 十一月、「風の便り」(文學界) 十二月、「誰」(知性)

『東京八景』短編集(五月、実業之日本社刊)

『新ハムレット』書下ろし長編(七月、文藝春秋社刊)

『千代女』短編集(八月、筑摩書房刊)

『駈込み訴へ』限定版(十二月、月曜荘刊)

昭和十七年(一九四二年)三十三歳 このころ、壁にぶつかっていたか、聖書に言及した作品が多くなる。十月、「花火」(戦後「日の出前」と改題)を「文藝」に発表したが、時局に添わないという理由で全文削除を命ぜられる。十月下旬、母の見舞いに初めて妻子を伴い帰郷。十二月、母死去、単身帰郷。

一月、「恥」(婦人画報) 二月、「十二月八日」(婦人公論) 五月、「水仙」(改造) 十一月、「帰去来」(八雲) 十二月、「禁酒の心」(現代文学)

『風の便り』短編集(四月、利根書房刊)

『老ハイデルベルヒ』短編集(五月、竹村書房刊)

『正義と微笑』書下ろし長編(六月、錦城出版社刊)

『女性』短編集(六月、博文館刊)

『文藻集信天翁』エッセイ集(十一月、昭南書房刊)

昭和十八年(一九四三年)三 十四歳 一月、亡母の法要に妻子を伴い帰郷。三月、甲府に赴き、前年末より執筆中の書下ろし長編「右大臣実朝」を完成。十月、「雲雀の声」を完成したが、 検閲不許可のおそれがあるため出版を延期。翌年、ようやく出版の運びとなったが、印刷所が空襲に遭い発行間際の本が焼失。二十年に発表された「パンドラの 匣」はこの作品の校正刷をもとにして執筆されたる。

一月、「故郷」(新潮)

『富嶽百景』短編集(一月、新潮社刊)

『右大臣実朝』書下ろし長編(九月、錦城出版社刊)

昭和十九年(一九四四年)三 十五歳 一月、神奈川県下曽我の大雄山荘に太田静子を訪ねる。戦争の激化の中、たびたびの帰郷で故郷回帰の重いが強くなる。五月十二日から六月五日にか け、「津軽」執筆のため津軽地方を旅行、自身の津軽の血に自信に似たものを得て帰京。七月、先妻小山初代中国青海(チンタオ)で死去(32歳)。八月、長男正樹誕生。十二月、情報局と文学報国会の依頼で「惜別」を書くため仙台に赴き、魯迅の仙台医学専門学校留学当時のことを調査。

一月、「佳日」(改造) 三月、「散華」(新若人) 五月、「雪の夜の話」(少女の友)

『佳日』短編集(八月、肇書房刊)

『津軽』書下ろし長編(十一月、小山書店刊)

昭和二十年(一九四五年)三 十六歳 三月、空襲を避けて妻子を実家の甲府に疎開させ、四月には空襲で家が破損し自身も夫人の実家である甲府の石原家に疎開。その間、東京で執筆し始め た「お伽草紙」を六月、完成。七月、爆撃のため甲府の石原家も全焼。同月下旬、妻子を連れかろうじて津軽の生家へ疎開。敗戦を故郷で迎え、翌年十一月ま で、生家の離れで疎開生活を送る。十月、仙台の『河北新報』に戦後の社会への明るい希望を歌った「パンドラの匣」の連載開始。

四月、「竹青」(文藝) 十月、「パンドラの匣」(河北新報、二十一年一月完結)

『新釈諸国噺』連作長編(一月、生活社刊)

『惜別』書下ろし長編(九月、朝日新聞社刊)

『お伽草紙』書下ろし連作長編(十月、筑摩書房刊)

昭和二十一年(一九四六年)三十七歳 一月、戦後の風潮に失望した太宰は、希望の書「パンドラの匣」を予定の半分で切り上げる。六月、長男正樹、急性肺炎で生死の間をさまよう。七月、祖母イシ逝去(89歳)。 十一月、疎開を切り上げ、妻子と共に三鷹の自宅に帰る。来客多く、仕事部屋を借りる。同月、坂口安吾、織田作之助と「改造」の座談会に出席。十二月、「冬 の花火」の上演がマッカーサー司令部の意向により中止される。坂口安吾、織田作之助、平野謙との座談会“現代小説を語る”が行われ、翌年四月、『文学季 刊』に掲載る。

一月、「庭」(新小説)「親という二字」(新風) 二 月、「嘘」(新潮) 三月、「やんぬる哉」(週刊読売)「雀」(思潮) 四月、「十五年間」(文化展望) 六月、戯曲「冬の花火」(展望)「苦悩の年鑑」 (新文芸) 九月、戯曲「春の枯葉」(人間) 十一月、「たずねびと」(東北文学) 十二月、「親友交歓」(新潮)「男女同権」(改造)

『パンドラの匣』(六月、河北新報社刊)

『薄明』短編集(十一月、新紀元社刊)

昭和二十二年(一九四七年)三 十八歳 一月、太田静子の訪問を受ける。二月、下曽我の大雄山荘に太田静子を訪ね、五日滞在。日記を借りて、、田中英光が疎開していた伊豆の三津浜に行 き、「斜陽」起稿。三月上旬までかかって一、二章を書く。三月、次女里子(佑子)誕生。この頃、三鷹駅前の屋台で山崎富栄と知り合う。四月、新たに借りた 三鷹の仕事部屋で『斜陽』を書きつづけ、六月に完成。七月、仕事部屋を小料理屋「千草」に移す。たまたま、山崎富栄の借間の斜め前であった。八月、体調を 崩し家に篭もる。九月、仕事部屋を富栄の部屋に移す。十一月、太田静子との間に、治子誕生。認知証を書く。一月、「トカトントン」(群像)「メリイクリス マス」(中央公論) 三月、「母」(新潮)「ヴィヨンの妻」(展望) 四月、「父」(人間) 五月、「女神」(日本小説) 七月、「フォスフォレッスセン ス」(日本小説)「朝」(新思潮)「斜陽」(新潮、十月完結) 十月、「おさん」(改造)『冬の花火』作品集(七月、中央公論社刊)『ヴィヨンの妻』短編 集(八月、筑摩書房刊)『斜陽』(十二月、新潮社刊)

昭和二十三年(一九四八年)三 十九歳 一月上旬喀血。三月から富栄に付き添われ、栄養剤を注射しながら五月にかけ「人間失格」を執筆。一方、「如是我聞」で志賀直哉ら文壇批判をする。 この頃、疲労はなはだしく、不眠症もつのり、しばしば喀血する。六月十三日深更、「グッド・バイ」の草稿、遺書数通、伊馬春部に遺した歌等を机辺に残し、 山崎富栄と共に玉川上水に入水。十九日、遺体が発見され、二十一日、葬儀委員長豊島与志雄、副委員長井伏鱒二等によって告別式が行われ、七月、三鷹の黄檗 宗禅林寺に埋葬される。

一月、「犯人」(中央公論)「酒の追憶」(地上)「饗 応夫人」(光) 三月、「眉山」(小説新潮)「美男子と煙草」(日本小説) 四月、「渡り鳥」(群像)「女類」(八雲) 五月、「桜桃」(世界) 六月、 「人間失格」(展望、八月完結) 七月、「グッド・バイ」(朝日評論) 八月、「家庭の幸福」(中央公論)

『人間失格』(七月、筑摩書房刊)

『桜桃』短編集(七月、実業之日本社刊)

『如是我聞』エッセイ集(十一月、新潮社刊)  (奥野健男、相馬正一、山内祥史各氏の年譜にお世話になった記して感謝したい。)                                   (渡部芳紀)