城崎(名作のふるさと) 

               渡 部 芳 紀


城崎温泉


 大正二年十月十八日から十一月七日 まで、東京で電車にはねられた志賀直哉は傷の後養生に城崎温泉の三 木屋に滞在した。

「暗夜行路」では、
<城崎では彼は三木屋(みきや)といふのに宿つた。俥 で見て来た町の如何にも温泉場らしい情緒が 彼を楽しませた。高瀬川(たかせがわ)のや うな浅い流れが町の真中を貫いてゐる。(中 略)温泉場としては珍らしく清潔な感じも彼 を喜ばした。>と描いている。

 山陰線城崎駅は、小さいながらこざっぱり している。豊かな温泉を利用して駅舎にも外湯の一つ「さとの湯」がある。駅前に立ち右手を見ると、城崎温 泉の文学散歩のコ−スがレリ−フになってい る。多くの文学者が訪れている。レリ−フの 右脇に島崎藤村の碑がある。
藤村の「山陰土産」より<一−−大阪より城崎へ>として <朝曇りのした空もまだすゞしいうちに大阪 の/宿を発(た)つたのは、七月の八日であ つた。>とその冒頭の一文が彫られている。

藤村が訪れたのは、昭和二年七月、北但大災 害の翌年で、「山陰土産」には、震災後の復興に努める町の様子 が写し取られている。

駅前の広い通りを右へ少し行くと、城崎待ち文芸館の案内がある。そこを左に曲がり、文芸館通りをしばらく行くと城崎町文芸館(城崎町湯島357-1。電話0796-32-2575。入館料400円。休刊日は毎月最終水曜日。)に至る。玄関前には以前はロープウェイ乗り場前にあった志賀直哉の碑が移築されている。

志賀直哉「城崎にて」碑

 碑面には
<……怪我をした、其後養生に、 一人で但馬の城崎温泉へ出掛けた。……兎に 角要心は肝要だからといはれて、それで来 た。……>
とまず、「城の崎にて」の冒頭が 銘され、そのあと、
<彼方の、路へ差し出し た桑の枝で、或一つの葉だけがヒラ/\ヒラ /\、同じリズムで動いてゐる。風もなく流 れの他は総て静寂の中にその葉だけがいつ までもヒラ/\ヒラ/\と怪しく動くのが見 えた。>
と同作品の第三のエピソ−ドの一節 が浮き彫りになっている。

 館内にはいると、一階には志賀直哉と白樺派の作家達の作品や手紙が展示され、二階には、城崎を訪れた文人墨客の関係資料が展示されている。城崎と文学との関わりのおおよそを掴んだら、元に戻り、駅からの道を左にたどろう。真直二百メートルも行くと城崎 の東を流れる円山川に注ぐ大谿(おおたに) 川に架かった地蔵橋に至る。橋を渡った右手に外湯の 地蔵湯がある。 地蔵湯の前には白鳥省吾の碑がたっている。 昭和八年来遊のゆかりによる。

 地蔵橋から川沿いに左に曲り上流に進んで 行く。城崎特有の両端が丸いカ−ブを)がい た橋が随所に掛かっているのでそれを渡って 両岸、それぞれを歩いてもよい。しだれ柳が 川面に枝を垂れて美しい。澄んだ流れの川面をあひる が何羽も泳いでいる。両岸は玄武岩を積み上げた 整然とした石垣だ。直哉の「城の崎にて」の 第二話“ねずみ”の話の舞台はこのあたりだ ろう。

大谿川と石橋

「一の湯」から川に沿って下って行った主人公は、
<橋だの岸だのに人が立つて(中略)騒いでゐ> るのを認める。ねずみが 石垣へはい上ろうとしている。子供達が石を 投げる。
<わきの洗い場の前でえさをあさつ てゐた二、三羽のあひるが、石が飛んでくる のでびつくりし、首をのばしてきよろきよろ とした>とその様子を描いている。

 ちょっと上流の左岸に柳湯がある。その前 に六角形の碑があり、
<城の崎のいでゆのまち/の秋まひる 青くして/散る柳はらは ら>と詩歌人富田砕花の短歌が彫られている。
砕花は兵庫県芦屋の人。碑の歌は、砕花の歌 集『歌風土記・兵庫県』の一首である。

 その先には、王橋という大きな橋があり、 右岸を走っていた道もここを渡って左岸側 の道と合流し、温泉街の中心に入って行く。
この橋の左岸側の道脇に外湯で一番大きな一 の湯がある。その入口の右脇には、与謝野寛・ 晶子夫妻の夫婦歌碑がたっている。昭和五年 五月、訪れたゆかりによる。

一の湯

寛の「山陰遊草」より
<ひと夜のみ/ねて城の崎の湯の香 にも/清くほのかに/染むこヽろかな>と自 筆で彫ってある。
晶子のはやはり自筆で<日 没を/円山川に/見てもなほ/未明めきたり /城の崎くれば>と刻されている。

 夫妻の滞在した「ゆとうや」旅館は、王橋の東の袂に一の湯と向い合うように建っている。藤村 、有島武郎、省吾、吉井勇、松瀬青々、新島 襄ら多くの文学者、知識人が泊まっている。 庭内には松瀬青々の句碑がある。

ゆとうや旅館

 一の湯の先(北)は、道の両側に土産物店が並ぶ 城崎温泉の中心街である。右側に四所神社を 見、役場を過ぎると、左に直哉が逗留した三 木屋がある。滞在中、「暗夜行路」の前編の 稿を書き継いでいる。この時の見聞をもとに 、大正六年、「城の崎にて」を書いている。 その第一話の蜂の死の話の舞台は、この三木 屋である。

 さらに道を進むと右側に御所の湯があり、橘 千蔭の歌碑がたっている。その先の右側には 西村屋旅館がある。武者小路実篤や、様々な 知識人も宿泊している。

 道は再び大谿川にぶつかり川に沿って右へ 大きくカ−ブする。少し行くと温泉寺への入 口になる。左へ橋を渡ると、すぐ左は、 ロ−プウエイの乗場である。

………………………………………………
(直哉の碑は駅近くの文芸館前に移築されたが、往時を偲んで、元の文を残しておく)
(ロープウェイの駐車場の右手、温泉寺の側に志賀直哉の碑がある。

志賀直哉「城崎にて」碑

碑面には
<……怪我をした、其後養生に、 一人で但馬の城崎温泉へ出掛けた。……兎に 角要心は肝要だからといはれて、それで来 た。……>
とまず、「城の崎にて」の冒頭が 銘され、そのあと、
<彼方の、路へ差し出し た桑の枝で、或一つの葉だけがヒラ/\ヒラ /\、同じリズムで動いてゐる。風もなく流 れの他は総て静寂の中にその葉だけがいつ までもヒラ/\ヒラ/\と怪しく動くのが見 えた。>
と同作品の第三のエピソ−ドの一節 が浮き彫りになっている。

 直哉の碑の)
以上、以前の姿を留めておく。
………………………………………………

 右手の参道を進むと、すぐ温泉寺 の山門である。山門を潜った左手には、薬師 堂がある。その薬師堂の前、巨きな銀杏の根 方に有島武郎の碑がある。
大正十二年四月三十日、山陰の講演旅行の帰途城崎に立ち寄り、ゆとうやに三泊しているゆかりによる。

有島歌碑

碑面には、<浜坂の/遠き/砂丘の/中にして/侘 びしき/我を/見出/つるかな>の一首が彫 られている。副碑によれば、
<この歌は、大正十二年四月下旬、有島武郎が山陰講演旅行 の帰途当地に泊まり、その時世話を受けた客 室係に書き与えた。/温泉寺にも参詣し、龍 照法印が指頭で六字の名号(南無阿弥陀仏) を書くことを聞きこれを求めた。その後間も 無く愛人と自殺を遂げたがこの書はそれを暗 示する彼の絶筆といってよいものであろう>
という。歌は鳥取砂丘の浜坂で詠まれたもの である。浜坂にも歌碑がある。

 ロ−プウエイの駅まで戻り、ロ−プウエイ に乗り、先ず中間駅で降りよう。温泉寺本堂 の前である。本堂の先には多宝塔、町立美術 館がある。温泉寺に関わる仏像、仏画、古文 書などが展示されている。多宝塔の石段近く 、美術館への道の左側(山側)に小さな山口 誓子の句碑がある。
<観音の/千手を/今年 竹も/持つ>と彫られている。
中間駅から再びロ−プウエイに乗って山上駅へ到る。

 あたりは小公園になっており、眼下には、 大谿川に沿った城崎温泉の町並が見える。さ らにその先に、右から左へゆったりと円山川 が流れている。川はその先で日本海に注いで いる。

城崎と丸山川

公園内には、兼好法師の歌碑がある。 <花のさかり但馬の湯より帰る道にて雨にあ ひて>と詞書をしるし、<しほらしよ/山か け衣春雨に/雫も花も/匂ふたもとは>と 彫ってある。

 ロ−プウエイで下り、大谿川に沿ってさら に上流へ行くと五百mも歩いた右手に、直哉 の作品の桑の木というのが立っている。先ほ どの碑文に相当する樹だ。流れはさらに上流 に続いている。

 城崎に戻ろう。左にある西村屋のところから右(東)へ曲 り、真直ぐ行く、大谿川を渡るとまんだら湯で ある。入口の左手前に、球形の石の碑がある 。吉井勇の歌<曼陀羅の名さへかしこし/あ りがたき仏の慈悲に/浴むをおもへば>と彫 られている。

 大谿川に戻り、川の左岸に沿っている桜並 木の遊歩道をたどって下って行こう。左には 三木屋の味わいある土壁の塀が続く。

三木屋裏塀

さらに 下ると、右岸に城崎町営の文芸館がある。
白壁の土蔵の一、二階を使って、城崎温泉に関 わりのあった文学者の色紙や写真、書籍など が展示されている。いかに多くの文学者が訪 れているかがわかる。開館は午前九時から午 後四時まで、水曜日が休館日である。

文芸館

文芸館を出て、さらに下って行くと、道は王 橋に到る。これで、城崎温泉を一通り廻ったことになる。

城崎の町めぐりには、観光協会発 行の「七つの外湯めぐり−文学の散歩道=文 学碑を訪ねて−」のパンフレットを使うとよ い。旅館のフロントや観光協会で無料でもら える。時間の余裕がある時は、円山川を遡っ て玄武洞を訪れたり、下って、日本海を望む 日和山公園に足を延ばすのもよいだろう。



NTTDIRECTORY メッセージエリア 新着情報
ランクdeリンク
ジャンル別選択
U-La-La
ぷちねっと
InfoBee
AND OR


InfoNavigator

ホームページの内容から探す

オプション検索 ヘルプ

「名作のふるさと」ホームページ


中央大学文学部文学科国文学専攻
渡部芳紀研究室

中央大学文学部ホームページ

中央大学ホームページ