CRUGE研究叢書のご案内

 

CRUGE研究叢書 3

田中廣滋編『費用便益の経済学的分析――環境と公共分野の理論』

定価:本体4,600円(税別)

目次 

プロローグ

田中廣滋

 

 

第T部 基 礎 編

 

1章 費用便益の分析方法

田中廣滋

2章 経済余剰と政治過程

田中廣滋

3章 割引率の役割

田中廣滋

本間 聡

4章 不確実性と温暖化交渉の行方

長谷川智之

5章 ヘドニック価格法による公共投資の分析

高 斗甲

6章 CVMによる環境の経済的評価

伊東弘人

7章 環境保全活動の潜在価格

牛房義明

8章 高速道路整備と費用効果分析

宮野俊明

 

 

第U部 課題と分析

 

9章 政策決定過程の分析

田中廣滋

10章 構造改革の基本問題

田中廣滋

11章 地方分権と民間部門

田中廣滋

12章 公共事業と地域の負担率

田中廣滋

13章 年金の世代間負担の決定

田中廣滋

14章 環境経営における費用便益分析

田中廣滋

 

 

エピローグ

田中廣滋

 

トップページ