本文へスキップ
 Homepage   News About (Profile)  Pictures on
(Cornell Univ.)
Ithaca, NY
 Main Publications Main Activities Research Notes 
 Old Homepage

平野 晋(
中央大学教授)の研究室
___Homepage of Prof.Dr. Susumu HIRANO, Chuo Univ., Tokyo, JAPAN___

中央大学 大学院 総合政策研究科委員長

米国弁護士 (NY州法曹会所属)

Dean, Graduate School of Policy Studies
〈Homepage and CV in English (not up-dated)〉

____________________________________________________________________________

専門分野: 

アメリカ製造物責任法(PL法) / アメリカ不法行為法

著者によるPL法の論文(以下写真)の掲載誌は、ココをクリック下さい
 

筆者の「ロボットPL(製造物責任)」のウエブページは〈ココをクリック〉下さい。
____________________________________________________

サイバー法 (インターネット法)
筆者の研究する「サイバー法」の番組が、以下の『YouTube』で視聴できます
是非ご覧下さい。
***サイバー法という新たな法律学***


____________________________________________________


アメリカ契約法 (国際契約ドラフティング)
 

____________________________________________________

____________________________________________________________________________

以下にエッセイ―が、掲載・公開されました。

平野晋 「ロボット・カーの製造物責任」

Robot-Car Liability (English)

in

『Chuo-Online』(読売新聞+中央大学)

筆者が以前から研究してきたロボットの安心安全については、以下を参照下さい。

ロボットPL」のウエブページ


論文: 平野晋「ロボットPL:ロボットの安心・安全と製造物責任」in
『総合政策研究(中央大学)』13巻171頁(2006年).

書籍: 平野晋『アメリカ不法行為法:主要概念と学際法理』(中央大学出版部,2006年).


____________________________________________________________________________

新たに以下の論文が掲載・公表されました。



携帯電話役務提供の定期契約に伴う
『早期解約金』(ETFs: Early Termination Fees)が無効
とされたカリフォルニア州判例―
In re Cellphone Termination Fee Case


『情報通信政策レビュー』第9号__頁(2014年11月)

____________________________________________________________________________

東京電力福島第一原子力発電所事故損害賠償
に関する論文が、ウエブ公開されました。


    

Susumu HIRANO, Nuclear Damage Compensation in Japan:
Multiple Nuclear Meltdowns and a Myth of Absolute Safety
,
CHUO JOURNAL OF POLICY SCIENCES & CULTURAL STUDIES,
No.21, pp.1-35 (Mar. 2013)
.

____________________________________________________________________________

「米国判例から学ぶ英米法」の講師を務めます。
2014年11月15&29日(各土曜)午後
@溜池山王駅から徒歩1分


____________________________________________________________________________

中央大学・日本比較法研究所
Privacy Seminar: Big Data, Freedom, and Public Safety
2014年10月1日(水) 13:30〜17:00(予定)
 場 所: 後楽園キャンパス

上のセミナーに於いてパネリストとして、アメリカの国務省の方等と議論をしました。

____________________________________________________________________________

「リベンジポルノ」に関する

プロバイダ責任制限法の論文は、以下を参照下さい。

My article on immunity for ISPs regarding 3rd partys' contents

***平野 晋 [著] 「免責否認の法理(通信品位法230条)」***
『情報通信政策レビュー』第8号(pp.21)(2014年4月)
の2頁脚注16と8頁本文参照。
〈http://www.soumu.go.jp/iicp/chousakenkyu/data/research/icp_review/08/08-5hirano2014.pdf〉


____________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________

「SIMロック解除」法制化を決定した、
筆者が主査代理を務める有識者会議が報道されました。


日経コミュニケーションの記事
____________________________________________________________________________

筆者が以下の、「主査代理」として参加した総務省「消費者保護ルール見直し・充実WG」第6回会合に於いて

- ADR(裁判外代替的紛争処理制度)の必要性

が検討されました。



2014年6月16日開催の会合@総務省の写真
____________________________________________________________________________

筆者が毎月執筆・連載中の「インターネット法判例紹介」の、今月(6月)15日発売号掲載原稿として、

「忘れられる権利」を認定した欧州司法裁判所の判例
グーグル社 対 AEPD&ゴンザレス」事件


を発表します。以下の掲載誌をご覧下さい。

『国際商事法務』

____________________________________________________________________________

「日経新聞」に、筆者のコメントが掲載されました。
「法務」の欄(4月28日)、以下を参照下さい。




____________________________________________________________________________

スマートフォン等の契約にクーリングオフを導入する等の
新しい消費者保護法制度検討の
作業部会/Working Group(総務省)の「主査代理」を務めております。


***ICTサービス安心安全研究会: 消費者保護ルールの見直し・充実に関するWG***


2014年4月24日開催のWG(作業部会)@総務省の写真
____________________________________________________________________________

スマートフォン等の「つながりやすさ・速さ No.1」等と自画自賛する誤導的広告を
改善させる為に、測定基準を策定し実測する研究会(総務省)に参加しております。



2014年4月22日開催の「品質計測等の在り方研究会」@総務省の写真
____________________________________________________________________________


My office viewed from Cherry Field
____________________________________________________________________________

____________________________________________________________________________

BSフジ」の科学番組「ガリレオX」で筆者のコメントが放送されました。
(中央大学に於ける本件の紹介はココをクリック下さい。)
ロボット(PL)製造物責任・ロボット損害保険に関する内容です。

番組名「ガリレオX」
***題名「ロボットと法: ロボットに責任を問えるか?」***
放映日時: 3月16日(日曜)ひる11:30〜12:00


___________________________________________________________________

総務省(消費者行政課)による「ICTサービス安心・安全研究会」の構成員になりました。



「研究会」については、ここをクリック下さい。
・ 「構成員」のリストは、ココをクリック下さい
筆者も参加した第一回会合には、総務副大臣も参加して、熱心な議論が行われました。
副大臣のスピーチの動画は、YouTubeにUPされているココをクリック下さい。

___________________

**** 法律雑誌NBLに、以下の論文が掲載されました ****
平野晋 「製造物責任法リステイトメント起草者との会話
日本の裁判例にみられる代替設計「RAD」の欠陥基準〜」
『NBL』第1014号(2013年12月1日)



アメリカに於ける「設計上の欠陥」基準である「合理的代替設計」(RAD)が、
日本でも採用されている事実を、裁判例の分析から導き出した論文です。


以下、論文の要旨です。
************************************************************************************
典型的な設計欠陥(classical design defects)を認定するためには、.
合理的代替設計(reasnable alternative design: RAD: ラッド)と製品とを比較衡量(balancing)する立場を、
米国の大多数の州が採している。本稿は、その歴史的な背景や論理的な理由を、
製造物責任法リステイトメント起草者との交流を通じて得られた知見を基に、解説する。
加えて本稿は、日本の裁判例も分析した上で、
米国と同様に「RAD・ラッド」との比較を通じた設計上の欠陥認定が日本でも行われている事実を明らかにする。
[未校正版]
************************************************************************************


___________________________________

以下の拙著のエッセンスを講義する、「英文契約ドラフティングとアメリカ契約法セミナー」で、講師を務めました。




主催: 国際商事法研究所

日時: 4月17日(木)午前10時〜午後4時
場所: 東京証券会館
http://www.ibltokyo.jp/


 
おかげさまで完売した『体系アメリカ契約法』の
増刷が出来上がりました。(2013年10月16日)



 
平野晋 『体系アメリ契約法』 (中央大学出版部)   平野晋 『国際契約の起案学』 (木鐸社)

アメリカ契約法 ・ 英文契約ドラフティングの理論と実務
American Contracts / Contract Drafting


 
平野晋 『アメリカ不法行為法』 (中央大学出版部)

不法行為法と製造物責任(PL)法
Torts / Robot Prods. Liab.
 


 
平野晋 『電子商取引とサイバー法』(NTT出版)
(第16回電気通信普及財団賞テレコム社会科学賞奨励賞受賞)


サイバー法
インターネット法


The TV program depicting my research on Cyberspace Law has been uploaded on the followig YouTube site:

"Cyber Law: The Internet Freedom and Regulations"
in Chuo University's Corridor of Knowledge
http://www.youtube.com/watch?v=-t_x_WjFh_I&feature=youtu.be


上記「YouTube」上にて、
筆者の番組(企画 by 中央大学)が視聴できます。


サイバー法も含むその他の業績全般については、
以下の【論文著書口頭発表】を参照下さい。


http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00010491.html


 
下記の論文掲載誌 『NBL』

 
製造物責任法・PL法 
 
欠陥が3つに分類され、
過失的基準が設計・警告欠陥に採用される
リステイトメントの諸理論を
最初に日本に紹介した筆者の業績の幾つかは、
以下の通りです。


 - 平野晋訳・編(J.A.ヘンダーソン Jr.等著)
「米国製造物責任法をめぐる新たな動向:
不法行為法第2次リステイトメント四〇二A条改訂案」
in
『NBL』510号6頁以下(1992年12月)


- 平野晋 著 「製造物責任論議における欠陥概念(1)〜(5)」in
『NBL』515号6頁以下(1993年2月以降)

- 平野晋 著 『アメリカ製造物責任法の新展開』
(成文堂, 1995年)


PL法も含むその他の業績全般については、
以下の【論文著書口頭発表】を参照下さい。


http://ir.c.chuo-u.ac.jp/researcher/profile/00010491.html

PL法リステイトメント起草者ヘンダーソン教授と筆者の交流については、
このページの下の方をご覧ください。




法と認知心理学
Law & Cognitive Pshychology
Law & Behavior
Law & Decision-making
 
 
法と経済学
Law & Economics
 
法と文化
Cultural Studies of Law

 
 

平野晋 監修 ・ 坂本真樹&神馬幸一 訳
リチャード・A・ポズナー著 『法と文学 (第3版)』 (木鐸社)

Japanese trans. of RICHARD A. POSNER, LAW AND LITERATURE (3d. ed.),which I oversaw the trans.
紹介記事#1 / 紹介記事#2


法と文学
Law & Literature
法と映画
(Law & Film Studies)
 ******筆者の主な研究教育分野は、上のサイトを参照下さい****** 


CHUO UNIV. Tokyo


 
 

サラリーマンをバカにすんな」のウエブページの皆さんへ:

私もかつてサラリーマンでしたし、そうであったことに誇りを持っております。
従ってサラリーマンを馬鹿にして云々、という意図は全くありません。
思い込みで他人を非難するようなウエブサイトは
差し控えていただく方が良識的かと思料致します。

それから書き込んでいらしゃる皆さん、「補助金」と云えば、
安過ぎる法科大学院の授業料は、血税でまかなわれていることを忘れないように。
あなた達を育てる為の高額なコストを、私も含む納税者が負担してるのですよ。
きちんとプロ・ボノをやって、納税者に恩返ししましょう:-)。

それから、弁護士会の費用が高いと文句を云うのであれば、弁護士法を改正して、
日弁連独占の弊害を無くせば良いだけのことです。
何でも他人のせいにしてはいけません。

ところで、「米国では、弁護士会は強制加入ではないので」云々、という
あなたの記述は(も)「虚偽」です。
私は、強制加入のNY州法曹界に弁護士登録のお金をきちっと支払っております。
虚偽の情報に基づいて、自分の利益に都合の良い風説を、
公共のインターネットで流布しないでいただくようにお願い致します。

結局あなたは、自分の利益のみを主張していらっしゃり、
自分の利益に反する事象はみな他人が悪い・他人のせいである、という論調です。
弁護士は「人権=利他的な利益」の為の職業だと思っていたのですが、
最近の日本の弁護士は違うのでしょうか?非常に残念です . . .


   Research
& Publi-
cation
研究
   
 
「中日新聞」に、筆者のコメントが掲載されました。


Middle Japan's leading newspaper, Chunichi Shimbun, published its article including my comment on Toyota's products liability case (verdict for the plaintiff). 
 Oct.26, 2013
 
「読売新聞」に、紹介されました。


Japan's leading newspaper, Yomiuri Shimbun, published its article on my research interest in Law & Literature.
 Apr.23, 2013

My article on Fukushima Daiichi Nuclear Incident has been published as follows:
     
Nuclear Damage Compensation in Japan:
Multiple Nuclear Meltdowns and a Myth of Absolute Safety
,
CHUO JOURNAL OF POLICY SCIENCES & CULTURAL STUDIES, No.21, pp.1-35 (Mar. 2013)
.

福島第一原発事故損害賠償法制度に関する上の論文(英語)が、以下の学術誌の巻頭論文として公表されました。
『総合政策研究(中央大学)』第21号1頁〜35頁(2013年3月)
 
 Apr.2013
 
京王プラザ・ホテルで筆者の講演会が、「サイバー法」に関して開催されました。

   

My special live lecture on the above TV program was held at
Keio Plaza Hotel, Tokyo.


Mar.29, 2013 
 Plz see the followingNEWS as of June 05, 2014.   
     
     
 
Governmental / National Study Groups
国の政策立案に関する研究会・検討会等での活動


  
 
 


 June 16, 2014 

 
June 04, 2014 
 
2年縛り契約、キャッシュバック、SIMロックの問題を
検討するアッドホック会合で「主査代理」を引き続き務め、
__「SIMロック・フリー」促進の為の法規制が必要__との結論に到りました。




 May 26, 2014
 
 2年縛り契約、キャッシュバック、SIMロックの問題を
検討するアッドホック(不定期・臨時)会合でも、親会同様に「主査代理」を務めました。




May 20, 2014 

情報通信法学研究会」(堀部政男座長)の構成員として、議論に参加しました。
当日の会合於いて、多忙な堀部主査の「座長代理」に任命されました。



 May 19, 2014
 
クーリングオフの新しい法制度を導入するWGで「主査代理」を務めました。



 Apr. 24, 2014
 
スマートフォンの「つながりやすさ」や「速い」を測定する研究会に参加しました。



 Apr. 22, 2014
 
ICTサービス安心・安全研究会(第一回) by 総務省・消費者行政課に参加しました。



 Feb. 24, 2014
 
インターネットのサービス品質測定等の在り方研究会」に参加しました。



 Feb. 21, 2014
 
 
情報通信法学研究会(堀部政男座長) by 総務省・情報通信政策研究所に出席予定です。
(総務省庁舎10階14:00〜)

Oct. 24, 2013  
 
 
スマートフォン時代に於ける安心・安全な利用環境の在り方に関するワーキング・グループ(WG)by 総務省・消費者行政課の構成員として諸会合に参加して参りました。



 上のWGにて、主査代理の新美育文先生と共に「2年間の期間拘束付契約+早期解約料」の契約慣行の問題を「最終とりまとめ」報告書に記載すべきと指摘しました。
利用者視点を踏まえたICTサービスに係る諸問題に関する研究会提言 スマートフォン安心安全強化戦略(案)第II部 スマートフォンサービス等の適正な提供に係る課題への対応: CS適正化イニシアティヴ 〜スマートフォン時代の電気通信サービスの適正な提供を通じた消費者保護〜」 132頁&脚注67、148頁等を参照。

 
なお筆者がリサーチしたところ、「2年の長期契約+早期解約違約金」による「囲い込み」の問題について参考になる論文は、以下です:

Oren Bar-Gill & Rebecca Stone, Mobile Misperceptions, 23 HARV. J. LAW & TECH 49 (2009)(two-years-long-term contractsとETF-early termination fees -によるlock-in clausesを含むKの問題を、消費者のimperfect rationalityな視点から分析し、複雑な料金体系と相俟って意図的に真の費用を消費者から隠している等と主張)

 Dec. 21, 2012 - June 20, 2013 
 
 
Participated in MIC's Study Group on Telecommunications Law, as a member thereof, where I made my presetation on SNS' Liability and the Scope of CDA §230 Immunity in the U.S.



総務省「情報通信政策研究所」に於ける「情報通信法学研究会」(堀部政男座長)の構成員として、SNSのプロバイダ責任制限に関する研究発表を行いました。(座長も日本のプライバシー法制史を発表されました。)

Apr.25, 2013 
 
 
多様化・複雑化する電気通信事故の防止の在り方に関する検討会の検討会に構成員として諸会合に参加して参りました。
(最終とりまとめ案について討議しました。)
(ちなみに写真最下部のワーキンググループにも参加しました。つまり、同日開催の2つの研究会にダブルヘッダーで参加です。)



June 20, 2013 
 
 


As the Vice-Chairman of a study group held by ARIB (Association of Radio Industries & Businesses)& MIC, I presided its 1st meeting.
電波産業会ARIB総務省・電波環境課)による「携帯電話端末修理事業連絡会」の副座長として、合同部会に毎回参加中。

 Before & After May 30, 2013
   
Education
教育 
  

基礎演習

基礎演習(II)

事例研究(I)

 
 
― ゼミでは「判例要約」(
case briefing)を通じて、法律家らしい思考能力("Think like a lawyer")を養ってもらいます

- 最初にcase brief の作り方を説明する予定です。(基礎演習ではその前に「図書館」や「
蔵書検索CHOIS」や「電子データベース」の活用の仕方も説明し、前期の途中で「図書館ツアー」も行います。「資料のさがし方ガイド」を活用下さい。) 

- 次に「サイバー法・情報法」の中の「通信の秘密」や「仲介者責任」等の法理の概要を説明する予定です。(これらの論題のリサーチを課すかもしれません。)

-その後、以下の判例を課題とし、予習としてcase briefingしてもらい、それをゼミの場で発表&議論する予定です。

「大阪地判平
16.7.7.判タ1169号258頁」 / 「大阪高裁判平17.6.3.WESTLAW-Japan」(ヤミ金業者からの脅迫電報を差し止めるNTT東/西の義務・責任の有無が争われた事例) / 「Cubby v. Compuserve Inc.776 F.Supp. 135 (S.D.N.Y. 1991)(プロバイダーの責任が否定された事例) / 「Stratton Oakmont, Inc. v. Prodigy Services Company1995 WL 323710 (N.Y.Sup.)(プロバイダーの責任が肯定された事例) / 「Zeran v. AOL____ F.2d ____ (__th Cir. 199_)(通信品位法230条免責に射程を解釈した代表判例) / . . . . 
 Apr.-May, 2013

以下、在外研究期間に訪れたイタリア、フランス、アメリカの各大学キャンパス写真


北イタリア、ロンバルディア州ブレーシャ大学法学部の中庭
August at University of Brescia Faculty of Jurisprudence, Italy


筆者が講義を行った、パリ第一大学ソルボンヌ法学部(パルテノン)正面玄関上部
End of July at University of Paris 1 Sorbonne Faculty of Law, France
(I delivered my speech at Summer Institute held jointly by Univ. of Paris 1 and Cornell Univ.)



コーネル大学ロースクール改築工事地鎮祭
Groundbreaking Ceremony on June 9, 2012
For other Cornell Law School photos, see the followins: (1); (2); (3); and (4).


コーネル大学ロースクール図書館
Law Library on July 9, 2012


コーネル大学ロースクール中庭
Courtyard on May 22, 2012


コーネル大学カレッジ・タウン入口
Collegetown on May 15, 2012


コーネル大学ロースクール中庭
Courtyard and Anabel Taylor Hall on May 8, 2012


コーネル大学ロースクール尖塔下の校章
University Seal under the Tower on May 12, 2012


コーネル大学ロースクール中庭
Courtyard between Mayron Taylor Hall & Anabel Taylor Hall
Apr. 30, 2012



コーネル大学ロースクール図書館
Law Library on May 02, 2012


カレッジ・アヴェニューから眺めたコーネル大学ロースクール
In front of Courtyard on Apr. 17, 2012

 <<< Click here for Cherry Blossoms in Cornell University. >>>


アナベラ・テイラー・ホール横の桜
Beside Anabel Taylor Hall on Mar. 24, 2012

"Perfect . . . . They're all perfect . . . ."

Lord Moritsugu KATSUMOTO's dying message
The Last Samurai (Warner Bros. Pictures, 2003)


**************************************************************************
CV of Susumu HIRANO
***************************************************************************
 Click below for the author's article:
Susumu Hirano, Assault from the Kafkaesque Citadel of Oh'oka Sabaki:
Vague and Ambiguous Definition of Defectiveness in Japan's PRODUCT LIABILITY ACT

______________________________________________

 The following symposium was successfully completed. Thank you so much!
Speech by Susumu HIRANO, Professor of Law, CHUO UNIVERSITY, Tokyo, Japan at:
Conference: 3.11.12 Japan:s Earthquake and Tsunami One Year Later
Title of the Speech: TEPCO and Japan's Nuclear Compensation Act
Date and Time of the Speech: March 12, 2012, 11:10-11:40am (EST)
Location: 700 Clark Hall, Cornell University, Ithaca, NY, U.S.A.
Click "Webcast Monday 3/12 - for live viewing of the conference proceedings" in the poster published at:
http://eap.einaudi.cornell.edu/3-11-2012_symposium
 <<<<Slides of the Speech Are Pasted in the Bottle of This Page.>>>>.
<<<<講演の際のスライド資料は、このページの最下層に添付してあります。>>>>
 Click here for the information published at CHUO UNIV. (in English)
以下が中央大学 総合政策学部のホームページに公表されました。
 講演のご案内
中央大学 総合政策学部教授・平野晋:「原子力損害賠償」(ライブ中継/米国コーネル大学国際シンポジウム)

日程: 3月12日 24:10〜24:40(日本時間)
場所: コーネル大学 (クラーク・ホール700号室)

<<<講演の結果については、ここをクリックして3月11&12日の日記をご覧下さい。>>>


Feb. 20, 2012

Law Library in the night of Feb. 27, 2012
 
  Author's Office at Cornell Law School
 
アメリカ法に関して取材を受けた筆者のコメントが、以下の雑誌に掲載されました。
『週刊現代』 2012年2月6日「アメリカで裁判になると...」
Author's comment was published on a national weekly magazine in Japan as follow:
SHUKAN GENDAI, Feb. 6, 2012, at pp.42-43 ("Once a case is brought in the U.S., . . . .").
 

このページは、中央大学専任教授・米国弁護士の平野晋が、コーネル大学ロースクールに在外研究中の研究室です

  This is the Office of Prof. Susumu Hirano when he is in research PJ at CORNELL LAW SCHOOL in NY State.

Homepage of Susumu HIRANO, Professor of Law, CHUO UNIVERSITY, Tokyo Japan. (Currently Visiting Scholar at CORNELL LAW SCHOOL)

2011年夏から一年間、中央大学多摩キャンパスを離れて、ニューヨーク州イサカのコーネル大学で、在外研究に専念します。

Products Liability, Torts, Contracts, and Other Interdisciplinary Legal Studies

製造物責任法、不法行為法、契約法、その他の学際的法学研究を主に行います。


製造物責任法の研究

製造物責任リステイトメント』編纂者
J.A.ヘンダーソンJr.教授のライブ講義を受講!!



教科書(ケース・ブック)
リステイトメントの共同編纂者との共著
2011年最新改訂 第七版




授業計画表
(シラバス)
 

講義箇所を左側に、
ヘンダーソン先生ご自身からご指示。

<<ニュース 一覧  News>>

*************************************************************
「日記」をご覧になりたい方は、ここをクリック下さい
〈「日記」を随時更新中!!〉
**************************************************************


コーネル大学ロースクールで、筆者が以下の通り公開講義を行いました
<<その際の筆者紹介は、ここををクリックして下さい。>>


日時:2011年10月26日水曜日12:20pm-2:00pm
教室: 276号教室 (以下写真参照)

  
講義タイトル: 「Product Defect in the U.S. and Japan ― Oh'oka Sabaki, Hoichi the Earless, and More


___________________________________________________________________________________________________________________________________________________________________

 2012年4月27日 以下のカンフェレンスの講義内容を論文化した第一次原稿を、ボブとジェフに渡しコメントを依頼し快諾される。
2012年3月11&12日 東日本大震災から1年目のカンフェレンスを、東アジア研究プログラムとロースクールが合同で開催。筆者もスピーチ実施。

2012年1月22日
A.ライルズ教授宅で、新任教員 Yu Xingzhong歓迎の昼食会。.

2011年12月15日 北京大学法学部元学部長の朱蘇力教授ご夫妻を、拙宅にお招きして昼食会。

 2011年12月1日  「製造物責任法」の講義に、ジムの共著者アーロンと、ジム達がspecial masterを受任している連邦地裁NY南地区担当判事Hellersteinが参加。「9.11訴訟」についてのパネルを開催。

 2011年11月24日

 財産法グレッグ・アレキサンダー教授宅に招かれて感謝祭の夕食をいただく。

 2011年11月16日  NTTドコモ法務室長時代に新卒採用した部下が来校。ホテル経営学併設のスタトラー・ホテル内「Taverna BANFI」で昼食。

 2011年10月26日  筆者による特別講義を開催。
 

  2011年9月28日  「クラーク東アジア法と文化プログラム」主催夕食会に参加。
 (左写真は夕食会の教授陣御用達レストラン)

  2011年9月26日  ジェフ・ラクリンスキー教授(法と認知心理学)と昼食。
  
(上の写真は昼食をしたカッレジ・タウンと「Rullof's Restaurant & Bar」の様子。)

  2011年9月24日  ジム・ヘンダーソン夫妻と、夕食会(外食:Dinner Out)。 
(上写真は会食した教授陣御用達レストラン「The Heights Cafe & Grill」)

 2011年9月22日  ボブ・ヒルマン教授(契約法)と昼食 
(右上写真は昼食したレストラン「Taverna BANFI」が収容されている「スタトラー・ホテル」)

 2011年9月21日  「クラーク東アジア法と文化プログラム」主催の連続 講義の一つ「外国公務員腐敗防止法」の講義に参加。

 2011年9月14日  ロースクール教授会に参加。新人のVisiting Scholarとしてヘンダーソン先生から教授陣に対し正式に紹介される。
 (写真は教授会が開催されたFaculty Lounge)

 2011年9月12日  スポンサー,兼共同研究者のジム・ヘンダーソン教授(不法行為法・PL法)と研究計画の打ち合わせ。同日、契約法のボブ・ヒルマン教授(契約法)ともお話。

 2011年9月7日 クラーク東アジア法と文化プログラム」主催の連続 講義の一つ「日本裁判員制度」に参加。

 2011年8月29日  無事、NY州イサカ市に到着。Arrival at Ithaca, NY safe and sound.

2011年8月10日 在外研究用のホームページ暫定版を更新。

2011年8月8日 在外研究用のホームページ構築を開始し、暫定版をアップ。
 

About (Profile)

 
主な研究・教育例
(過去のsite)Main Activities


 
       
   

主な業績例 Main Publications

   

過去のホームページ Old Homepage

 
         
      ページの上部に戻る。

 

Feb. 17, 2012