ホーム > 学生之声 > 旧「学生之声」目次 > 教えて!あなたのマル秘中国語学習法 (06年4月実施)
新学期を迎え、1年生は初めて学ぶ外国語に出会い、2年生はすべて中国語で書かれた教科書を手にし、また3年生は今まで培ってきた中国語能力をもとに演習の授業に臨み、4年生はこれまで学んだことを武器に卒業論文や就職活動に取り組んでいることでしょう。

なにかと「はじめて」が続くこの季節、やる気に満ち溢れている今、上級生も下級生も自分の中国語勉強法の情報交換をしませんか?

このコーナーでは、みなさんが日頃行っている中国語の勉強方法を“こっそり”教えてもらい()、発表していきます。なにぶん“こっそり”ですので、どなたのお名前も載せることはできませんが、中国語のプロである先生方の学習法も、もちろん含まれています。

これなら自分でもできるかも、この方法は私に合っているかも、と思えるものが見つかる…かな?
それでは発表していきます。
リスニングをしっかりやる。
はじめのうちは黙読より音読を心がける。
初級の教材をすべて暗記する。
自分で中国語を発音して、MDに録音し、一つ一つ発音を矯正してゆく。
好きな俳優をつくる。
「勉強せねば…」と思うくらいたくさん中国語の本を買う(VCD・CDも可)。
眠りに入る直前、目覚めた直後に中国語のMDを耳に流し込む。
V字腹筋。
インターネットでNHKワールドデイリーニュースの中国語版を聴きます。
アンディ・ラウのファンになる(これが一番)。
音声化された小説を聞くのも面白い。テキストと照らし合わせて読んでも楽しい。
映画を観る。ひたすら観る。気に入った言い回しは真似てみる。
中国語字幕つきのドラマを見るのも面白い。

 

続けて第2弾。今回は連作ものもあります。
読む、書く、聴くの3点が最も大切であり、反復することを維持すればOK。
映画を日本語で理解してから中国語の字幕で何回も繰り返して観る。
<1>電車の車内、街中などで目に付いた漢字を中国語で発音できるか確認する。
<2>読めない字があったら、つねに小型の辞書 (当時は「新華字典」でした)を
<3>携帯していて、その場で調べて読み方を覚える。
ドラマや映画を見るとリスニング、口語表現、文化が効率よく学べると思います。
発音を覚える時は、先生の口の形をよく見る。
中国語の映画やドラマを見る(字幕を隠すとなお良い)。
おかげ様でこの企画も無事終了致しました。投稿して下さった方々、見に来て下さった方々、どうもありがとうございました。謝謝。

最後にお届けするのは、このコーナーとの連動企画として4月27日に開催された「先輩が語る 私の中国語学習法」より、スピーカーの上級生たちの学習法です。タイトルをクリックすると、それぞれの当日の発言要旨が読めるようになっています。
1年生に向けて/04年度生・谷口友有加さん
私の中国語学習法/05年度学士入学生・山崎寿江さん
中国語の学習方法/修士1年・横堀博亮くん
あなたの勉強法のヒントになるものはありましたか?

今後も中国言語文化専攻HPでは、学生のみなさんにも参加していただけるような企画を考えていきます。また企画立案も歓迎です。何かアイデア・希望がありましたらどうぞ気軽に研究室アドレスまでお知らせください。
…こっそり教える方法
中国言語文化専攻HP宛にメールを送るか、チラシにある投稿用紙に記入し、研究室前の専用BOXに投函してください(35字以内、投稿者の名前は掲載しません)。4月いっぱいまで受付けます。公開は随時。(投稿受付は終了しました)
…このコーナーは
4月27日に行われたイベント「先輩が語る 私の中国語学習法」との連動企画です。当日の様子についてはコチラからどうぞ。

Copyright©2005 中央大学文学部人文社会学科中国言語文化専攻