ホーム > 学生之声 > 旧「学生之声」目次 > イベント報告 【中国言語文化専攻・第1期生卒業式】
(今回は室員から見た卒業式の報告です)

 2002年度に新設された中国言語文化専攻も、ようやく第1期生が卒業を迎えました。

初めて送り出す卒業生は合計44名。
 第1体育館で法学部と合同の卒業式を終え、3159教室に場所を換えて卒業証書授与式に。事務手続きを終えてから、5人の専攻の先生方も揃い、教員を代表して飯塚先生から一人一人に卒業証書が授与されました。
  
 先生方からそれぞれ卒業生へ餞(はなむけ)の言葉が贈られた後、(サプライズの)第1回卒業論文優秀賞の発表がありました。受賞者及び卒論題目は以下の通り。

河野碧里 中国現代演劇を支える劇作家─過士行
三ツ石蓉子 高行健の「モダニズム」文学について
河野哲宏 『世説新語』論
竹内佑 ナタの伝説について
 ─『封神演義』・『西遊記』・北京城の伝説・台湾民間信仰との関わり
蓬澤博亮 日中両国におけるスタニスラフスキー・システムの扱われ方
※※※受賞論文も含め、卒業生の論文は研究室で読むことができます※※※
 受賞者には賞状と、副賞として材木谷先生が直々に台湾で見つけて来て下さった中国グッズが進呈されました。

賞状の授与

副賞は各自選びました
 
 
 やることすべてが初めてだった第1期生。卒業式もいつもと同様、先生側も学生側も少々ぎこちない流れで卒業証書授与式は過ぎていきました…。


 そして教室を換え、女子のみなさんは衣装も換え、同期入学の仲間も加わり、先生・室員を交えて謝恩会が行われました。乾杯としばしの歓談を終えたあと、最後には学生からの言葉と花束が先生と室員に贈られました。

着替えてすぐに…

卒論指導の先生とハイ、茄子。

ここでもハイ、チーズ。

幹事さん、お疲れ様でした!

お料理やドリンクは周りにあるんです

歓談風景・その1

ニッコリ

歓談風景・その2


(06年3月25日)
第1期生のみなさん、この4年間
一緒になって中国言語文化専攻を作り上げてくれてどうもありがとう。
今後のご活躍をお祈り申し上げます。どうぞお元気で!
(時には研究室にも顔を見せに来てくださいね)

Copyright©2005 中央大学文学部人文社会学科中国言語文化専攻