2018年度 卒業論文の閲覧

社会学・社会情報学専攻の学生は、卒業論文のバックナンバーを研究室内で閲覧することができます。利用方法については研究室員にお尋ね下さい。2018年度の閲覧可能な題目は次のようになっています。

・SMAP解散騒動から見るジャニーズ消費
・多様化する「在日コリアン」アイデンティティと若者世代に関する社会学的考察 ―川崎市ふれあい館での関与型フィールドワークと聞き取り調査を中心に
・観光における「ノスタルジア」と「民話のふるさと」の関係性の考察 ―岩手県遠  野市のフィールドワークを通して
・市民団体の役割の変化と継続性の困難 ~埼玉における公立夜間中学設立運動を事 例として~
・日本における奨学金言説の変遷
・テレビドラマにおける女性の描かれ方の一考察 ~女性の労働問題の視点から~
・日本の若者の海外志向について
・戦時資料における「記憶」に関する考察 ―太平洋戦争期における「戦没学生」の手紙のドキュメント分析を通して―
・暴力団元構成員のアイデンティティの変化と地域社会からの受け入れに関する研究  暴力団元構成員への聞き取り調査を通じて
・東京都北区十条における「高齢者コミュニティ」に関する調査研究 ―「十条銀座 商店街」でのフィールドワークとインタビュー調査を通じて―
・着飾るジャニーズファン ―『参戦服』から見る『現場』の意味とは―
・民間と行政による食支援のせり出しと社会の後退 ――NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワークと江戸川区の事例から読み解く――
・不登校に関する社会学的考察 ~不登校支援者及び不登校経験者のインタビュー調査より~
・食生活格差から考える子どもの貧困問題 ―学校給食関係者への聞き取り調査を通じて―
・医療措置による発達障害者のアイデンティティ変化
・「歴史もの映像作品と地方都市の観光振興」
・「まなざし」論から見る景観資源を生かした観光地維持の可能性 ―「川越蔵の  会」の町並み保全活動に関する聞き取り調査から―
・就労困難者への「伴走型支援」における「福祉コミュニティ」の実践
―NPO法人 青少年就労支援ネットワーク静岡へのインタビュー調査を通じて―
・若者の恋愛離れの実態と恋愛観・結婚観 ―大学生へのアンケート調査を通して―
・外国人向け災害情報発信の考察 ~東京都の自治体インタビュー調査を通して~
・都市化におけるコミュニティの変容に関する社会的考察 ―中野駅周辺地域についての参与観察を通して―
・「地名」が持つ「記憶」とその意味の変化 ―東京都世田谷区下北沢周辺における文献調査とフィールドワークを通して―
・子ども食堂は地域コミュニティに何をもたらしているのか ―川崎市における5つの事例より―
・「フリースクール運動」における「相互的学びの関係」に関する考察 ―90年代初頭設立の「フリースクール・フリースペース」におけるインタビュー調査を中心に―
・栃木県出身者の進路選択における葛藤 ――私立大学女子学生へのインタビュー調査から――
・「コスプレ・コード――二次元から三次元への変換」
・”Twitter発マンガは出版業界を生き返らせるか? ~SNS・マンガ・若者の関係性から探る未来~”
・2次元アイドルのファン文化について ―「アイマス」ファンを事例に
・知的障がい者の就労の場における支援職員の負担の分散について
・近年の日本の恋愛映画から見る日本の恋愛観について ―韓国の恋愛観との比較を通して―

コメントは受け付けていません。