2017年度 卒業論文の閲覧  

社会学・社会情報学専攻の学生は、卒業論文のバックナンバーを研究室内で閲覧することができます。利用方法については研究室員にお尋ね下さい。2017年度の閲覧可能な題目は次のようになっています。

・コンテンツツーリズムによる地域活性化 ―持続可能な観光への展望―
・多摩ニュータウンにおける里山保全活動に関する社会学的考察 ―「里山保全団体」 への聞き取り調査を通じて―
・地域の衰退と、下町の街おこしに関する考察 ―西浅草を例にして―
・群馬県嬬恋村の政策選択をめぐるポリティクス ―1990年代以降における財政運営・ 市町村合併・教育施設再編をめぐって―
・新聞報道から見る戦前・戦中日本の寄付の語られ方 ―読売新聞を事例として―
・キリスト教と結びつきのある団体による社会奉仕活動 ―矯風会からみる女性を取り 巻く問題―
・貧困家庭の子どもにおける「剥奪のリアリティ」の剥奪 ―ボーダーライン家族の子 どもの排除と包摂―
・アダルトチルドレン概念の再考 ―AC的傾向の兄弟間の差異について―
・現代日本の外食産業における若年非正規雇用者のリアリティ
・介護離職はなぜ起きるのか
・歴史的な「観光資源」が地域に与える影響についての考察 東京都日野市における 関係地域住民への聞き取り調査とドキュメント分析を通じて
・公園管理運営と市民参加 ―川崎市と二子玉川公園の事例を基に―
・「世代間連帯」による高齢者地域福祉の可能性 ―世代間ホームシェア支援を行う NPO法人への参与観察と聞き取り調査を中心に―
・「地域愛着」の形成過程とその影響についての考察 ―旧東海道品川宿周辺まちづく り協議会への聞き取り調査を通じて―
・日本におけるマイクロファイナンスの歴史的変容とその実践的可能性 ―日本におけ る貸付の歴史と現在の生活サポート基金の貸付事業から―
・出所者のソーシャル・インクルージョン ―再チャレンジ支援機構の取り組みを事例 に―
・現代日本の大学生に見るプレゼント交換の現状と機能
・現代日本の雇用形能における「リスク」と「流動」 ―雇用形能における「流動」経 験者の聞きとり調査を中心として―
・戦後日本社会における児童手当制度と人口政策をめぐる言説
・日本における人レンタルサービスの増加から見る人間関係の変化 ―おっさんレンタ ルの調査を通して―
・出生前診断における遺伝カウンセラーの社会的リアリティ ―出生前診断の専門家と してどのような現実を感受しているのか―
・中年女性ジャニーズファンの社会学 ―ジャニーズファンのファン活動を事例に―
・地名の社会学 ―古都鎌倉の地名を事例に―

コメントは受け付けていません。