中央大学文学部 『紀要 社会学・社会情報学』 第26号が刊行されました。

『紀要 社会学・社会情報学』 第26号(通巻263号) (2016年3月刊)                目次は下記の通りです。

__________________________________________________________________________
■目次■
・山﨑久道先生の人と業績                                                          ・・・・・・飯尾淳
・山﨑久道教授 略歴ならびに業績目録
・若者の海外志向を規定するのは何か     ―大学生調査の分析よりー   ・・松田美佐
・若者文化20年間の「計量的モノグラフ」                                                                   ―「遠隔=社会,対人性,個人性」三領域の視点からー                                                                                     ・・・・・・     辻泉、大倉韻、野村勇人
・民主主義制度の発展度と国民性の関連性                   ―国際比較を中心に―                                         ・・・・・・芝井清久、佐々木正道
・有権者の財政に関する意識説明の試み                                      ・・・・・・宮野勝
・A.メルッチの“未発の社会運動”論をめぐって                ―3. 11以降の惑星社会の諸問題への社会学的探求 (3)ー  ・・・・・・新原道信
・日本における生活機能障害アプローチ社会病理学の系譜 その1   ・・矢島正見
・労働組合の組織の変化と担い手の意識                                     ・・・・・・小熊信
・日本の国際協力と国際開発規範における考察                      ・・・・・・倉本由紀子

____________________________________________________________________
お問い合わせは、社会学研究室まで

※ 中央大学 学術リポジトリ もご確認下さい。

コメントは受け付けていません。