中央大学文学部 『紀要 社会学・社会情報学』 第21号が刊行されました。

『紀要 社会学・社会情報学』 第21号(通巻238号) (2011年3月刊)                目次は下記の通りです。
__________________________________________________________________________
■目次■
・ 林 茂樹教授の人と業績 ・・・・・・松田 美佐                             ・ 林 茂樹教授 略歴ならびに業績目録                                 ・ NHK大学講座『社会学』と中央大学の社会学 ・・・・・・田野崎 昭夫                     ・ A. メルッチの「時間のメタファー」と深層のヨーロッパ                         ―「フィールドワーク/デイリーワーク」による”社会学的探求”のために―・・・・・・新原 道信
・ 日本企業における人的資源管理の新展開に関する検討                            ―企業アンケート調査にもとづいて― ・・・・・・田島 博美                                            ・ 「責任」の制度化 ―明治期を中心として― ・・・・・・種村 剛                     ・ 電子書籍という概念に対する記録情報学からの考察 ・・・・・・斉藤 孝___________________________________________________________________________
                                 お問い合わせは、社会学研究室まで
※ 紀要バックナンバーについては、現在作成中です。
  準備ができ次第更新いたします。

コメントは受け付けていません。