中央大学文学部 『紀要 社会学・社会情報学』 第23号が刊行されました。

『紀要 社会学・社会情報学』 第23号(通巻248号) (2013年3月刊)                目次は下記の通りです。
__________________________________________________________________________
■目次■
・ 概念理論への回帰 ―ある記録情報学者の足跡― ・・・・・・斉藤 孝                             ・ 1969年度における文学部史の一齣・補説2                              ―教員会議体の活動記録を通して― ・・・・・・田野崎 昭夫                                                                                                   ・ ”惑星社会の諸問題”に応答するための”探究/探求型社会調査”                                     ―「3.11以降」の持続可能な社会の構築に向けて― ・・・・・・新原 道信                ・ 2000年代におけるケータイ利用の変化 ・・・・・・松田 美佐                        ・ 歳入・歳出の把握度と政府予算削減に関する意識調査試論 ・・・・・・宮野 勝                    ・ 「情報メディア」の考察 ・・・・・・小林 慎一                              ・ 近代以前の日本の責任                                         ―「職分としての責任」についての考察― ・・・・・・種村 剛                     ___________________________________________________________________________
                                 お問い合わせは、社会学研究室まで
※ 紀要バックナンバーについては、現在作成中です。
  準備ができ次第更新いたします。

コメントは受け付けていません。