中央大学文学部『紀要 社会学・社会情報学』第20号が刊行されました。

『紀要 社会学・社会情報学』第20号(通巻233号) (2010年3月刊)
目次は下記の通りです。


________________________________________________________________________________________________________________
■目次■
・ 経済状況の悪化を受けての浜松市におけるブラジル人への影響について
  ―「がんばれ!ブラジル人会議」による調査結果を参考に―  ・・・・・川崎 嘉元 ・ 石田 謙一
・ 図書索引におけるインデッキシング・アルゴリズムの研究 ・・・・・斉藤  孝
・ Asian Sociology in an Era of Globalization : Focusing on Japan, China, and Korea                                                              ・・・・・・Masamichi Sasaki
・ A.メルッチの“境界領域の社会学”
  ―2000年5月日本での講演と2008年10月ミラノでの追悼シンポジウムより― ・・・・・新原 道信
・ リキッド・モダニティ時代におけるアイデンティティ問題について 
  ― ジグムント・バウマンの理論から―  ・・・・・・山田 昌弘 ・ 開内 文乃
 
・ 「中欧」地域研究のための覚書  ・・・・・石川 晃弘
・ 責任観の社会的前提―明治期の社会制度を中心として―  ・・・・・種村  剛
・ スミスの道徳哲学における信頼の社会学 ・・・・・田野崎 昭夫
________________________________________________________________________________________________________________
                                 お問い合わせは、社会学研究室まで
※ 紀要バックナンバーについては、現在作成中です。
  準備ができ次第更新いたします。

コメントは受け付けていません。