2007年11月の新着資料

今月の新着資料はこちらです。現在の資料の所蔵状態の確認には、中央大学OPACシステム「CHOIS」をご活用下さい。


新着資料
【雑誌名、最新受入巻・号、請求記号】 ( アルファベット順、50音順 )
・American Sociological Review Vol. 72 No.5 Z30 A30
・Berliner Debatte INITIAL 18(4/5)   Z30 B04:5
・Contemporary Sociology Vol. 36 No. 5 Z30 C22
・European Urban and Regional Studies Vol. 14 No.4 Z33 E168:5
・Journal of Marriage and the Family  Vol. 69 No.4 Z30 J28
・Revue D’ Etudes Comparatives Est-ouest Vol. 38 No.3 Z33 R127
・Sociology Vol. 41 No.5 Z30 S49
・The Journal of Gerontology Series B Vol. 62B No.5 Z61 J30:2
・家族社会学研究 Vol. 19 No.2 Z36 K32:6
・交流文化(立教大学)  Vol. 06 Z29 K22
・市大社会学(大阪市立大学) 第8号 Z36 S176:5
・社会学ジャーナル(筑波大学) 第31号,32号 Z36 S56
・社会学部紀要(関西学院大学) 第103号 Z36 K32
・ソシオロジクス(日本大学) 第25~27号 Z36 S255
・調査時報 368号 Z36 C12 
新着図書
【書名、著者名、請求記号】 ( アルファベット順、50音順 )
・Critical Theories of Globalization El-Ojeili, Chamsy/Hayden, P 301.24/E48
・Globalization : The Key Concepts Eriksen, Thomas Hylland 301.24/E68
・インタビューの社会学:ライフストーリーの聞き方 桜井厚 361.16/Sa47
・映像という神秘と快楽 長谷正人 778.04/H35
・家族と婚姻 松村晴路 324.6 /Ma82
・階級社会日本 橋本健二 361.4/H38
・環境運動と新しい公共圏  長谷川公一 519.5/H36
・企業グループ経営と出向転籍慣行 稲上毅 336.41/I52
・キャラ論    瀬沼 文彰   371.47/Se75
・近代の観察 二クラス・ルーマン 361/L96
・空間の生産 (社会学の思想⑤) アンリ・ルフェーブル 361.1/L52
・継承の人口社会学:だれが「家」を継いだか 坪内玲子 362.1/Ts21
・現代社会のゆらぎとリスク 山口節郎 361/Y24
・現代農村における「家」と女性 永野由紀子 361.48/N16
・孤独なボウリング ロバート・D・パットナム   361.4/P98
・自己と社会:現象学の社会理論と〈発生社会学〉 西原和久 361/N82
・社会学におけるフォーマル・セオリー [改訂版] 高坂健次 361.16/Ko82
・社会生活のコントロール 宝月誠 361.5/H81
・渋谷の考現学 鈴木健司、坂井信彦(写真) 291.36 /Su96
・少子化時代のジェンダーと母親意識 目黒依子・矢澤澄子編   367.21/Me19
・ジンメル・つながりの哲学   菅野仁  361.234/Ka57
・スウェーデンの社会福祉   高島昌二   369/Ta54
・生の欲動:神経症から倒錯へ 作田啓一 145/Sa52
・製造現場監督者をとりまく環境変化と現場パフォーマンスに関する研究 電機連合 M542.09/D58
・魂の労働:ネオリベラリズムの権力論 渋谷望 361/Sh23
・地域社会と教育:子どもの発達と地域社会 住田正樹 371.3/Su58
・地域文化と学校 尾中文哉 372.237/O65
・中国の人治社会:もうひとつの文明として 首藤明和 361.48/Sh99
・電機連合 21世紀生活ビジョン 研究会報告 電機連合 M366.3/D58
・都市・情報・グローバル経済 (社会学の思想②) マニュエル・カステル 361.48/C25
・都市とモダニティの理論 吉原直樹   361.48/Y87
・都市環境と子育て:少子化・ジェンダー・シティズンシップ
 矢澤澄子・国広陽子・天童睦子 367.3/Y67
・道徳回帰とモダニティ 三上剛史 361.4/Mi21
・パーソンズとウェーバー 高城和義 361.253/Ta29
・批判的エスノメソドロジーの語り 好井裕明 361.4/Y88
・ファミリー・バイオレンス:子ども虐待発生のメカニズム 井上眞理子 369.48/I57
・フィールドワークの技法:問いを育てる、仮説をきたえる 佐藤郁哉 361.9/Sa85
・福祉国家の再編成:「分権化」と「民営化」をめぐる日本的動態 藤村正之 369.1/F63
・文化遺産の社会学:ルーブル美術館から原爆ドームまで 荻野昌弘編 709/O25
・ポストモダニティの条件 (社会学の思想③) デヴィッド・ハーヴェイ 361.3/H34
・母性愛という制度:子殺しと中絶のポリティクス 田間泰子 367.2/Ta76
・祭りと宗教の現代社会学 芦田徹郎 161.3/A92
・メディア文化の社会学  加藤晴明 361.54/Ka86
・物語のなかの社会とアイデンティティ 佐藤嘉一 361.5/Sa85
・柳田民俗学のフィロソフィー 鳥越皓之 380.1/To67
・夢の行方:高校生の教育・職業アスピレーションの変容 片瀬一男 376.4/Ka83
・レギュラシオンの社会理論 (社会学の思想⑥) アラン・リピエッツ 331/L67
・労働ハンドブック 2006年度版 電機連合 M366.021/D58

コメントは受け付けていません。