石川晃弘教授 最終講義のお知らせ

昭和43年(1968年)から40年間中央大学に在職なされました文学部教授
石川晃弘先生が来年3月をもちまして御定年を迎えられ、本学の教壇を
去られることになりました。
ついては、先生の「最終講義」及び「記念パーティ」を下記のとおり開催致したいと存じます。
御多忙とは存じますが、皆様の御出席を賜りたく、お願いかたがたお知らせ申し上げます。


《最終講義》                 
日 時 2007年12月22日(土)午後3時~4時30分  
会 場 中央大学多摩校舎3号館(文学部棟) 3114教室
演 題 「生活構造論再考」
《記念パーティ》
日 時  2007年12月22日(土)午後5時から
会 場  中央大学多摩校舎1号館1406室
会 費  5000円 (学生・院生 2000円)
*尚パーティの御出席につきましては、2007年12月8日までに
下記のメールアドレスか電話にて、御連絡下さいますようお願い申し上げます。
中央大学文学部社会学研究室
E-mail:shakai@tamajs.chuo-u.ac.jp
(電話) 042-674-3841

コメントは受け付けていません。