市民参加型調査「第4回旭川うなぎ探検隊」を開催しました

2015年8月1日(土),晴天の中で「第4回旭川うなぎ探検隊」が開催されました。
この調査は2012年より岡山県岡山市旭川の明星堰で行われている市民参加型魚類相調査で,今回は旭川うなぎ探検隊実行委員会の主催により,旭川南部漁業協同組合連合会,岡山河川事務所,岡山県内水面漁業協同組合連合会,岡山大学理学部,岡山の自然を守る会,岡山県自然保護センター,岡山理科大学,水産総合研究センター増養殖研究所,中央大学法学部海部研究室(五十音順)が協力して運営しました。

旭川うなぎ探検隊の目的は大きく二つ。
(1)常時から継続的な魚類相調査を行うこと
(2)調査を通じて川の自然に親しむこと

今回は岡山大学において,子どもたちの安全管理と魚の取り方指導をしてくれる学生スタッフの事前・事後の学習を行った。岡山大学理学部の「生物学特論」の講義のとして,参加してくれる学生に対し市民参加型調査の意義,河川生魚類調査の基礎,魚類の同定,河川における安全管理などについて事前に講義を行ったのち,当日のイベントに挑んでもらいました。また,イベント後には,数日間の経験について考える振り返りの時間を持つことができました。
旭川うなぎ探検隊では,参加した子どもたちと学生スタッフが少人数のチームを組み,綿密にコミュニケーションをとりながら安全管理と捕獲の指導を行うところにその特徴があります。学生スタッフは運営側から教わり,子どもたちに教える必要があるため,このイベントの中でも最も学びの機会の多い立場ではないかと考えていました。今回からは,ある程度その学びを促進するシステムができ,嬉しい限りです。
安全管理や魚の取り方指導についても,やはり事前指導を行うと効果が違います。来年も可能であれば,「生物学特論」を行いたいところです。

生まれて初めて見にする検索図鑑を使って、捕った魚の同定をする岡山大学理学部の学生さんたち。

生まれて初めて見にする検索図鑑を使って、捕った魚の同定をする岡山大学理学部の学生さんたち。



うなぎ探検隊では、安全管理と魚とりの指導のため、子どもとボランティアの学生数人でチームを作り、行動します。2015年の第4回では、およそ子ども4人を3名の大学生スタッフが担当する、7人のチームが10チーム編成されました。 各チームには始めにカゴ罠が配給され、自分たちで設置します。あとで引き上げると、中にはたくさんの魚が、、、入っている場合も。

うなぎ探検隊では、安全管理と魚とりの指導のため、子どもとボランティアの学生数人でチームを作り、行動します。2015年の第4回では、およそ子ども4人を3名の大学生スタッフが担当する、7人のチームが10チーム編成されました。
各チームには始めにカゴ罠が配給され、自分たちで設置します。あとで引き上げると、中にはたくさんの魚が、、、入っている場合も。



およそ子ども4人、学生スタッフ3人の7人のチームで、タモ網(手に持って使う網)を使って魚を捕ります。水面下に見える水草は魚の恰好の隠れ場。タモ網を下流側に構え、上流から隠れている魚をタモ網に追い込みます。

およそ子ども4人、学生スタッフ3人の7人のチームで、タモ網(手に持って使う網)を使って魚を捕ります。水面下に見える水草は魚の恰好の隠れ場。タモ網を下流側に構え、上流から隠れている魚をタモ網に追い込みます。



捕れた魚は大きな水槽に集め、専門家が種類を分けます。 うなぎ探検隊では、カゴ罠、タモ網、小型定置網、投網など、魚を殺傷しにくい漁法を用い、観察した後、魚は川に返します。

捕れた魚は大きな水槽に集め、専門家が種類を分けます。
うなぎ探検隊では、カゴ罠、タモ網、小型定置網、投網など、魚を殺傷しにくい漁法を用い、観察した後、魚は川に返します。



捕れた魚の説明をする、中央大学専任研究員の脇谷さん(緑のシャツ)。この水域には、ニホンウナギやアユ、ハゼの仲間などたくさんの回遊性魚類(海と川を行き来する魚)が生息しています。うなぎ探検隊では、魚類相調査を進めるとともに、川で捕った魚の中に回遊魚が多く含まれていることを確認し、海と川のつながりの大切さを学ぶことを、重要な目標のひとつと考えています。

捕れた魚の説明をする、中央大学専任研究員の脇谷さん(緑のシャツ)。この水域には、ニホンウナギやアユ、ハゼの仲間などたくさんの回遊性魚類(海と川を行き来する魚)が生息しています。うなぎ探検隊では、魚類相調査を進めるとともに、川で捕った魚の中に回遊魚が多く含まれていることを確認し、海と川のつながりの大切さを学ぶことを、重要な目標のひとつと考えています。



川遊びには安全管理が欠かせません。うなぎ探検隊では参加者全員分の救命胴衣を準備。

川遊びには安全管理が欠かせません。うなぎ探検隊では参加者全員分の救命胴衣を準備。



炎天下で行われるうなぎ探検隊。テントを張って日陰を確保するとともに、水分補給の準備も入念に。

炎天下で行われるうなぎ探検隊。テントを張って日陰を確保するとともに、水分補給の準備も入念に。

コメントは停止中です。