メンバー

■ 海部健三(法学部准教授・研究開発機構ウナギ保全研究ユニットリーダー)1973年東京生まれ。一橋大学社会学部を卒業後,社会人生活を経て東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程を修了。河川や沿岸域におけるウナギの生態研究のほか,ステークホルダー間の情報共有を促進する仕組みづくりに関する活動を行う。

専門:保全生態学・水中生物音響学
学位:博士(農学)
担当科目:科学と人間,生命と科学,環境科学,導入演習,基礎演習
委員会など:三方五湖自然再生協議会専門家委員,鹿児島県鰻資源増殖対策協議会専門家委員,国際自然保護連合(IUCN)種の保存委員会メンバー(ウナギ専門家グループ)
プロフィール写真(白黒)

 

■脇谷量子郎(機構助教)
1982年東京生まれ。静岡大学理学部生物地球環境科学科を卒業後,社会人生活を経て,九州大学大学院生物資源環境科学府を単位取得退学後に学位取得。河川や沿岸域におけるウナギの生態研究を行う。

専門:魚類生態学
学位:博士(農学)
2015-08-26 13.36.24

研究内容(研究プロジェクトと予算含む)はこちらから
研究業績はこちらから