研究」カテゴリーアーカイブ

公開研究会を開催しました。

2021年2月10日(水)18:30-20:00にWEB会議システムを用いて、以下の研究会を開催しました。

演 者:井手 正和 氏(国立障害者リハビリテーションセンター研究所研究員)
演 題:自閉スペクトラム症者の感覚モダリティごとの反応様式の多様性
主 催:人文科学研究所 研究会チーム「高次脳機能の総合的理解」

要 旨:自閉スペクトラム症者(ASD)では、感覚過敏・感覚鈍麻といった刺激に対する反応様式の多様性が見られる。触覚では、振動を用いた研究が数多くなされ、ASD者の高い知覚感度が示されてきた。温覚・痛覚を対象とした研究も少数行われており、知覚の鈍麻が示唆されてきた。本講演では刺激ごとに異なるASD者の知覚特性を概観する。

季刊「公認心理師」に掲載されました。

季刊「公認心理師」(冬号第1巻第4号)に「〈学びのための連載〉心理アセスメント―神経心理学的アセスメント」が掲載されました。

「時間と言語」が刊行されました。

研究室の越智さん達との共著(分担執筆)の書籍「時間と言語」が三省堂から刊行しました。

河村 満, 越智隆太, 花塚優貴, 二村明徳, 緑川 晶(2021).第2章 時間の流れの科学──患者さんの内観からわかること, (嶋田珠巳 鍛治広真 編著)「時間と言語」, 三省堂, 東京

論文が刊行されました。

東京都立駒込病院との共同研究の成果「Depression and time perspectives in patients with brain tumors: Novel measurements in the circle test」がJournal of Affective Disorders Reports誌に公開されました。

Shigemune Y, Saito S, Hiromitsu K, Hamamoto K, Ochi R, Shinoura N, Yamada R, Midorikawa A. Depression and time perspectives in patients with brain tumors: Novel measurements in the Circle Test. Journal of Affective Disorders Reports. 2021 Jan 12:100084.

論文が刊行されました。

西多賀病院と京都大学との共同研究の成果「Intrinsic motivation in patients with Parkinson’s disease: a neuropsychological investigation of curiosity using dopamine transporter imaging」がNeurological Sciences 誌に公開されました。

Shigemune Y, Kawasaki I, Midorikawa A, Baba T, Takeda A, Abe N. Intrinsic motivation in patients with Parkinson’s disease: a neuropsychological investigation of curiosity using dopamine transporter imaging. Neurol Sci. 2021 Jan 7. doi: 10.1007/s10072-020-04968-4. Epub ahead of print. PMID: 33411194.

公開研究会を開催しました。

2020年9月18日(金)13:00-14:30にWEB会議システムを用いて、以下の研究会を開催しました。

演 者:佐藤 弥 氏(理化学研究所ロボティクスプロジェクト心理プロセス研究チーム)
演 題:表情知覚:心理・神経メカニズムと非定型パタン
主 催:人文科学研究所 研究会チーム「高次脳機能の総合的理解」

リハビリナース増刊「高次脳機能障害ビジュアル大事典」が刊行しました。

研究室の越智隆太さんと分担執筆(幻視と錯視)をした リハビリナース増刊「高次脳機能障害ビジュアル大事典」がメディカ出版より刊行されました。

タイトル:リハビリナース増刊「高次脳機能障害ビジュアル大事典」
監  修:大沢愛子
発  行:メディカ出版
定  価:4,200円+税 B5判,212ページ(ISBN:978-4840471329)

公開研究会を開催しました。

2020年9月6日(日)17:00-18:30にWEB会議システムを用いて、以下の研究会を開催しました。

演 者:柳澤邦昭 氏 (京都大学こころの未来研究センター)
演 題:死関連思考の認知神経基盤
主 催:人文科学研究所 研究会チーム「高次脳機能の総合的理解」

研修会の講師を務めました。

2020年9月5日、リハビリテーション心理職会で開催された第19回研修会「リハビリテーション領域の心理師を育てる」(Web開催)で講師を務めました。

公開研究会を開催しました。

2020年8月27日(木)10:00-11:30にWEB会議システムを用いて、以下の研究会を開催しました。

演 者:浅川伸一 氏 (東京女子大学 情報処理センター)
演 題:自然言語処理分野における最近の進歩と心理学への示唆
主 催:人文科学研究所 研究会チーム「高次脳機能の総合的理解」