タマチカのホームページ

多摩の知覚なヒトたちの会


タマチカとは?
知覚に関する研究発表や読み会をする会です.中央大学文学部山口研究室にて,月1〜2回程度の頻度で開かれています.当初は参加者の殆どが多摩地区在住だったので,多摩の知覚なヒトたちの会(略してタマチカ)という名前になったようです.多摩在住の方でなくても参加可能ですので,ご興味のある方はぜひご参加下さい.


【2016年度 第2回】
日時:2016年 12月10日(土)16:00-
場所:中央大学駿河台記念館 320号室
講師:一川 誠先生(千葉大学文学部 教授)

タイトル:
 注意と身体:呼吸と課題遂行との時間的関係の効果に基づく検討

アブストラクト:
 競技スポーツにおいて,意識的にコントロールできる呼吸(吐息,吸息)と身体動作との時間的関係の重要性がしばしば強調されている.しかしながら,注意に関する課題の成績が呼吸との時間関係によってどう変動するのかについてはほとんど検討されていない.今回は,視覚探索課題及び,損失利得法を用いた標的検出課題において,意識的に制御できる呼吸と注意課題遂行との時間的関係が注意に関する課題成績に及ぼす影響について調べた結果を紹介する.視覚探索課題では,吐息時より吸息時に効率的な結合特徴探索が可能になった.他方,特徴探索は呼吸を止めた際に速められた.刺激駆動的注意における利得が吸息後以外のタイミングで有意であったのに対し,損失は吸息後でのみ顕在化した.意識駆動的注意の利得は,吸息時より吐息時に大きくなったが,損失は呼吸の影響を受けなかった.他の実験課題における結果も踏まえ,注意と身体との関係に関して考察する.


●会場までの案内につきましては、下記URLをご参照ください。
中央大学駿河台記念館へのアクセス
http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/
(*JR御茶ノ水駅が最寄り駅になります。)

皆様方のご参加をお待ちしております。





過去の開催
2016年度
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
・2002年度
・2001年度
・2000年度