タマチカのホームページ

多摩の知覚なヒトたちの会


タマチカとは?
知覚に関する研究発表や読み会をする会です.中央大学文学部山口研究室にて,月1〜2回程度の頻度で開かれています.当初は参加者の殆どが多摩地区在住だったので,多摩の知覚なヒトたちの会(略してタマチカ)という名前になったようです.多摩在住の方でなくても参加可能ですので,ご興味のある方はぜひご参加下さい.


【2016年度 第1回】
日時:2016年 8月15日(月)16:00〜17:30
場所:日本女子大学 新泉山館 大会議室
講師:Andrew J. Bremner先生(ロンドン大学心理学部、教授)

タイトル:
An associative sensorimotor model of multisensory development.

アブストラクト:
 The human foetus and infant develops in a startlingly complex sensory world where its central nervous system is inundated with information from touch, taste, smell, proprioception, vestibular input, audition, and vision, all of which provide information about objects and events in almost uniformly varying neural codes. Nonetheless, a range of multisensory perceptual abilities (e.g., audiovisual synchrony detection) are evident even in the first days of postnatal life. Such early multisens ory competencies have led a number of researchers to argue that multisensory integration is available without significant sensory experience, particularly through the perception of putative “amodal” (or redundantly specified) properties of multisensory stimulation (e.g., Bahrick & Lickliter, 2012). However, I will argue that this perspective underestimates the task facing the developing infant - that of solving which stimuli in separate modalities belong together in a coherent representatio n of the world (the “crossmodal binding problem”). Highlighting a number of findings across infants, children, and health adults from brain and behaviour, I will put forward an alternative model of multisensory development (an "associative sensorimotor model”), in which the infant and child comes to solve the crossmodal binding problem through association of initially separate representations of unimodal stimuli, in the context of their developing bodies and schemas of action. This account, I will argue, not only better accounts for the current data available on multisensory abilities in young infants and children, but is also more biologically plausible than current accounts.

●会場までの交通案内につきましては、下記URLをご参照ください。
日本女子大学 目白キャンパスへの交通アクセスガイド
https://www.jwu.ac.jp/grp/access.html
日本女子大学 目白キャンパス キャンパスマップ
https://www.jwu.ac.jp/unv/about/building/campusmap.html
(*本研究会の開催場所は中央大学ではありませんので、ご注意ください。)

--------------------------------------------------------------
研究会終了後は懇親会を開く予定です。
懇親会参加ご希望の方、あるいはご不明な点などございましたら、
<yamalab@tamacc.chuo-u.ac.jp @を半角に変更して下さい>
までご連絡ください。

皆様方のご参加をお待ちしております。




過去の開催
2015年度
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
・2002年度
・2001年度
・2000年度